『Girls Planet』デビューできるのは99人中9人 まさかのルールに参加者驚き

『Girls Planet』デビューできるのは99人中9人 まさかのルールに参加者驚き

 8月6日からABEMAが国内独占無料放送(日本語字幕付き)するグローバルガールズグループデビュープロジェクト『Girls Planet 999:少女祭典』(毎週金曜 後8:20 全12話)の初回放送予告映像がYouTubeの『Girls Planet 999』チャンネルで公開された。



【動画】ガルプラ初回放送予告映像 まさかのルール発表に衝撃走る



 同オーディションは、応募総数1万3000人の中から日本、韓国、中国のオーディションを通過した各地域33人、計99人が参加。日本からも元さくら学院のメンバーで、お笑い芸人・博多華丸の次女の岡崎百々子、元Prizmmy☆の久保玲奈、アイドルグループの現役メンバーや『PRODUCE 48』『Nizi Project』など大型オーディション番組参加者、大手芸能事務所の練習生など、ビジュアルと実力を兼ね揃えたメンバーが多数参加し、放送前からSNSを賑わせている。



 今回解禁となった予告映像では、「グローバルガールズグループデビュー」の夢に向かう99名の参加者たちが、仮想空間「Girls Planet」に足を踏み入れ、それぞれ事前に準備してきたパフォーマンスを披露。「K-POPマスター」の元Wonder Girlsのソンミ、少女時代のティファニーら専門家マスター軍団と他の参加者たちを興奮させる。



 参加者はK(韓国)グループ、C(中国)グループ、J(日本)グループの3つのグループに分かれているが、「99人の少女たちを私が征服する」と挑発する参加者の発言で緊張感が走る場面も……。



 さらに、ルールについても説明され、K、C、Jグループの参加者の中から各1人ずつの3人でチームを組み、その3人が「ともに合格するか、ともに脱落する」ことが判明。K、C、Jグループごとの対決ではなく、各地域の3人が協力し、最善のチームワークで「ひとつの共同体」として生き残るためにミッションを成功させなければならない。まさかのルールに参加者たちに衝撃が走る。



 YouTubeチャンネルでは、参加者たちが個別にシグナルソング「O.O.O(Over&Over&Over,オ.オ.オ)」を披露する映像も公開中。
カテゴリ