吉井和哉、新曲「みらいのうた」 ディズニープラスのCMソングに

吉井和哉、新曲「みらいのうた」 ディズニープラスのCMソングに

 ロックバンド・THE YELLOW MONKEYのボーカル・ギターとして、また2003年からはソロとして、グラマラスなサウンドと歌声で魅了してき吉井和哉による新曲「みらいのうた」を使用した、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の新TVCM「挑戦」編が8月1日よりオンエアされる。



【動画】放送開始前にWEBで公開中



 苦しい日々を超えた先に明るい未来がある、と歌いあげる吉井の「みらいのうた」とともに、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの登場キャラクターたちが次々と登場。「あきらめず挑戦しつづける誰もが勝者であり、それぞれの物語にそれぞれのハッピーエンドが待っている」という力強いメッセージを伝えるCMになっている。



 映像は、「やるか、やらぬかだ」という『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のヨーダのセリフから始まり、一人前のジェダイになるため鍛錬を積む『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のレイ、両親に反対をされながらも警察官になる夢を叶えるため努力を重ねる『ズートピア』のジュディ、キャプテン・アメリカの盾を受け継ぐという想像を超えるプレッシャーに立ち向かう『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』のファルコンの姿などが次々に映し出される。



 さらには、自分の夢をあきらめそうになりながらもサリーの励ましで立ち直った『モンスターズ・ユニバーシティ』のマイク、たった一人で装備なしで絶壁を上る『フリーソロ』のアレックス・オノルドなど、何度もくじけそうになりながらも、失敗を乗り越え挑みつづける雄姿と、「みらいのうた」のメロディと歌詞が見事にマッチ。吉井の歌声は、すべてを包み込むような穏やかな中にも芯の強さを感じさせる。



 今回の楽曲とCMについて、吉井は「2020年のある日、この曲が僕のスマホのボイスメモの中に生まれました。シンプルな言葉とシンプルなメロディで、誰にでも口ずさんでもらえるような歌を完成させてみたいと思いました。大人から子どもまで、誰もが簡単に口ずさめるような歌を。そんな自分の半生を締めくくるようなこの楽曲が、この度ディズニープラスのCMソングに使っていただけることになりました。初めて映像の中で流れるこの曲を聴いた時、まるでこのCMのために作られた曲のようで驚きました。子どもや大人たちのみらいがhappyになりますように」と、経緯を説明しつつ、チャレンジを続けるすべての人の明るい未来を願うコメント寄せている。



 また、「挑戦」編で「自分を信じ前に進む、最後までにあきらめない一人一人が勝者だ」と優しくも強く語りかけるナレーションは、『スター・ウォーズ』シリーズでオビ=ワン・ケノービや、『ズートピア』でニック・ワイルドの日本版声優を務める森川智之が担当。



 新TVCMは、ほかに2つあり、「仲間」編では、キャプテン・マーベルの日本版声優 水樹奈々、「5ブランド」編では『アナと雪の女王』シリーズでオラフの日本版声優・武内駿輔が務めている。

カテゴリ