甘えたくなる…彼の心を掴む癒やしテク3つ

甘えたくなる…彼の心を掴む癒やしテク3つ

男性のなかでも常に人気上位な「癒やし系」の女性。


そんな女性になるにはどうしたらいいのでしょうか。


そこで今回は、彼の心を掴む癒やしテクを3つご紹介します。




特別なことをしなくても、自然体で楽しめる


「いつもデートのときは、事前にしっかり計画を立てる方でした。今の彼女は、1日中家でゴロゴロしているだけでも居心地がよく、飽きません。


テレビを見て笑ったりご飯を食べておいしいねと言い合ったり、とても単純なことを楽しめるって、贅沢なことですよね。素の自分でいられる感じで、一緒にいるだけで癒やされます。」(27歳/公務員)


デートのたびに、あれやこれやとプランを練るのは男性にとっても負荷となってしまいがち。


とくになんの予定がなくても、ただ一緒にいられる時間を楽しめる女性は、癒やし系と言えるでしょう。


彼に自然体でいてもらうには、まずは自分自身が自然体であることが重要。


物事を難しく考えず、ありのままを楽しめる力こそ、シンプルに求められていることかもしれません。


見た目を癒やし系に寄せる


「いつもバッチリメイクだった会社の同僚が、ナチュラル系のメイクとファッションにしたときは好感度がめちゃくちゃ上がりました。同じ職場にいるだけで、癒やされます。」(27歳/IT関連)


持って生まれた顔は変えられなくても、雰囲気やイメージは自分で変えることができますよね。


癒やし系の女性になるには、清潔感とナチュラルさがポイント。


ファンデは透明感のあるものを薄塗りにし、眉毛は髪色に合わせて、薄い部分を書き足す程度にします。


アイラインはなしか、ブラウンなどの優しいものをチョイス。


ファンデとアイメイクを変えるだけで、一気にナチュラルな印象に仕上がります。


ついつい気合いの入りがちなメイクも、ちょっと力を抜いてみるとグッと癒やし系の女性に近づけるかもしれません。



無理のないポジティブ


「仕事で失敗して、めちゃくちゃへこんでしまったとき。彼女は、俺の話を『うん、そうだよね』とひたすら聞いてくれました。


へこんでるときに『がんばれ』とか言って無理矢理励ますんじゃなく、ただそばにいるだけで人を癒やすのってすごいことですよね。彼女が持つ、絶対的な安心感みたいなものにはいつも、癒されてます。」(28歳/金融系)


彼が落ち込んでいるとき、つい気合いを入れて応援してしまっていませんか?


「がんばれ」「あなたならできる」などの熱血な言葉の数々は、じつは逆効果かもしれません。


彼の話にそっと耳を傾け、適度にその感情に浸る時間をとりつつ、ゆっくりと元の彼へと導いてあげられる寛容さこそが癒やしのテク。


励ますときは、文字通り励ましの言葉をかけるのではなく、元気のない彼を包み込む大きな母性と、彼の力を信じるポジティブさが求められます。


自然体で接して彼にも癒やしを


癒やし系の女性のポイントは「力を抜いて」「自然体で」いること。


自分を良く見せようと日々息巻いてしまっている言動を見直し、ゆったりと余裕のある笑顔で彼に接したいものですね。


(tomo/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ