これって脈あり…?彼女がいるのに「ガチ相談をしてくる」男性の心理4つ

これって脈あり…?彼女がいるのに「ガチ相談をしてくる」男性の心理4つ

最近、彼女とうまくいっていなくてさ……。


仕事で悩んでることがあって……。


彼女持ちの男性から、こんな相談を受けたことはありませんか?


あまりに内容が真剣だと、「それは彼女に相談したほうがいいんじゃない?」とか「もしかして私に気があるの?」と考えてしまいますよね。


そこで今回は、彼女がいるのに「ガチ相談をしてくる」男性の心理をご紹介します。




1. 解決策を得られそう


同業者や似た経験を持っている男性から、ガチ相談をされた場合。


そんなときは、女性に解決策を求めている可能性があります。


また、他の誰よりも共感してくれそうな相手に、話を聞いてほしいと思ったのかも。


どちらの場合も、「相談してくれるってことは、気があるのでは?」と認識すると、女性があとで苦しい思いをするかもしれません。


あくまで、気が合う男友達と認識しておいたほうが良さそうです。


2. 彼女に弱みを見せたくない


彼女に弱いところを見せたくないからこそ、あえて恋人には真剣な相談をしない男性もいます。


カッコいいところだけ彼女に見せて、ほかの女性にはアドバイスや慰めを求めるようです。


これは裏を返すと「まだ彼女には素の自分を見せられていない」ということかも。


そう考えると、相談に乗るうちに、だんだん彼から好意を持ってもらえる可能性は大いにあるかもしれません。



3. 女心を知りたい


3. 女心を知りたい


とくに「彼女と上手くいってない」と詳細を説明されたとき。


そんな場合は、単純に女心を知りたいと思っている可能性が高いでしょう。


彼女以外のアドバイスをもとに、彼女との関係修復を考えているのかも。


ここから変な男女関係に発展することはなさそうですが、もしあなたが彼に好意があるなら、ちょっと切なくなってしまいますね。


4. 欲求不満を解消したいだけ


とくに要注意なのは「彼女がベッドインを断るんだよね……」など、夜の相談だけしてくる男性。


こんな男性は、欲求不満を解消するために、女性を利用しようとしている可能性大!


下手に相談に乗ろうとすると、そのまま流れでベッドに連れていかれるかも……。


「そういうことは彼女と話し合ったら?」と軽く突きはなしたほうが、自分の身は守れますよ。


信頼はあっても、好意はない可能性大


男性は、相談ごとから恋愛に発展させることが少ないようです。


もちろん真剣な相談を持ちかけられている時点で、信頼関係はあるのでしょう。


しかし、彼女持ちでもありますから「ガチ相談=脈あり」と期待するのは、早いかもしれません。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ