本命の彼女になるために…やってはいけない4つの行動

本命の彼女になるために…やってはいけない4つの行動

せっかくいい感じにやり取りをしていたのに、気持ちが先走って、相手から距離を取られてしまう……そんな経験はありませんか?


自分が良かれと思ってやっていることも、相手にとっては迷惑だと思われているかもしれません。


そこで今回は、女性が「先走って失敗してしまう」行動を4つご紹介します。




長文の重い内容を送りつける


彼のやさしさに期待して嬉しくなったり、不安になって落ち込んだり……そんな不安定な気持ちをぶつけるために長文のLINEやメールを送りつけてしまうのはタブーです。


長文は読むのも大変だし、重い内容に返信するのは労力をつかいます。


相手の都合を考えずに、長文で自分の気持ちをぶつけることはやめましょう。


そうしないと、相手にストレスを与えてしまい、距離を取られてしまうかもしれませんよ。


返信が来る前に何通も連絡を送る


返信していないのに相手から何通も連絡が来ると、返事を催促されている気分になります。


たとえ時間がある時でも、何度も連絡がくると、返信することが面倒になってしまうこともあるでしょう。


1通きたら1通返すなど、なるべく相手のペースに合わせるように心掛けましょう。



好意が態度に分かりやすく出る


好きバレさせるのもテクニックのひとつでもありますが、あからさまに態度に出すと、「簡単に手に入る女」として都合よく扱われてしまう可能性もあります。


自分のことを好きかどうかわからない相手の方が、「もっと知りたい」と思うもの。


できるだけ好きな気持ちは秘めて、自分を追ってもらう努力をしましょう。


簡単に身体を許してしまう


付き合う前に身体を許してしまうと、そのまま都合の良いポジションに腰を据えることになり、彼女に昇格できず、苦しむことになりそうです。


それに、自分のことを大切にできない女性と、真剣に向き合おうとは思わないはずです。


本命の彼女になるまでは、身体の関係はキッパリと断り、貞操観念をもって芯のある姿勢を見せましょう。


彼の気持ちを見極めよう


付き合う前の男性と連絡を取り合ったりデートをしたりする期間は、ウキウキと楽しい気持ちになるもの。


しかし、自分の気持ちを抑えきれずに感情的になったり、軽率に身体の関係をもってしまうと、本命の彼女になることは難しくなってしまいます。


また、男性は「付き合いたい女性」と「身体の関係だけ持ちたい(責任は持ちたくない)女性」の双方に似たようなアプローチをすることもあるので、誠実な気持ちで自分と向き合ってくれているのかをしっかりと見極められる女性になりましょう。


(愛カツ編集部)



カテゴリ