『ひぐらしのなく頃に』放送前の情報漏洩”ネタバレ”に法的措置 内部情報がSNSなどに あらすじ事前公開しない話題作

『ひぐらしのなく頃に』放送前の情報漏洩”ネタバレ”に法的措置 内部情報がSNSなどに あらすじ事前公開しない話題作

 7月1日より放送がスタートしたテレビアニメ『ひぐらしのなく頃に』の公式サイトが3日に更新され、放送・配信前にもかかわらず内部情報がSNSなどに漏洩されている状況を報告し、製作委員会側は情報漏洩に関わっていないことから、「このような事象に対しては法的措置含めて対応させていただきます」とネタバレに注意喚起した。



【動画】ひえっ!悲劇が再び…ダークさ満載の『ひぐらしのなく頃に卒』PV



 サイトでは「先週より『ひぐらしのなく頃に卒』に関して放送・配信前にもかかわらず、内部情報がSNSなどに漏洩されている状況がございます。ファンの皆様にはご迷惑とご心配をおかけしまして、誠に申し訳ございません」と報告。



 内部調査をした上で「ひぐらしのなく頃に製作委員会としては、この情報漏洩に関して一切携わっておりません。物語を楽しみにお待ちいただいているファンの皆様の為に、製作委員会としてこのような事象に対しては法的措置含めて対応させていただきます」と伝えた。



 具体的な対応としては「著作権侵害に該当する事象に関しては、アカウントの凍結依頼含めSNS関連会社と連携を取らせていただきます。引き続きになりますが「ひぐらしのなく頃に業・卒」の応援をよろしくお願い致します」と呼びかけている。



 『ひぐらしのなく頃に』は、同人サークル『07th Expansion』が2002年から発表したコンピュータゲーム作品が原作。昭和50年代後半の架空の村落「雛見沢村」を舞台に、村の習わしである「綿流し」にまつわる連続怪死や失踪事件の真相に少年少女たちが迫るミステリー。



 2006年にはTVアニメ第1期、07年には第2期にあたる『ひぐらしのなく頃に解』が放送され、大きな話題に。そのほかOVAやコミック、小説、実写映画(08年)、ドラマ(16年)、舞台(15年)などあらゆるメディアで展開されるなど愛され続ける作品で、2020年10月1日より再び“完全新作”としてアニメの放送がスタート。各話のあらすじは事前に一切公開されないため、「どのような物語が展開されるのか」と注目されている。
カテゴリ