寂しくなりがち…「マメじゃない男性」との上手な付き合い方

寂しくなりがち…「マメじゃない男性」との上手な付き合い方

付き合ってるのに、あんまり連絡してくれない。LINEはほとんど既読スルー……。


お付き合いをしている相手に対して、こんなお悩みを抱える女性は少なくないようです。


そんな男性とストレスなくうまく付き合うには、どんな考え方をすればいいのでしょうか?



連絡の量=愛情の深さ、ではない


「連絡を取り合う回数」が、そのままイコール「愛情の度合い」だと思っている方も多いのではないでしょうか。


もちろん好きだからこそ、「頻繁に連絡を取りたい」とか「いつでもつながっていたい」という思いは湧き起こりやすいです。


しかし、ある程度の時間が経ってくると、ふたりの間に信頼も生まれてくるもの。


だからこそ、細かく連絡したりはしなくとも安心できる……男性には、もしかしたらそんな心理があるのかもしれません。


「連絡が減ってきたのは気持ちが薄れてきたからだ」と決めつけずに、普段の相手の態度や言動に注目してみてはいかがでしょうか。


もしかしたら気づいていないだけで、深い愛情を注いでくれているのかもしれませんよ。


連絡がきたときには…


連絡をしてきてくれたときには、そのうれしい気持ちを素直に伝えることも大切です。


「連絡くれてうれしかったよ」とか「たくさん話せて楽しかった」などと付け加えるだけでも、相手の印象は大きく変わってくるでしょう。


連絡をしただけでそこまで喜んでもらえたら、考え方も少しは変わるかもしれません。


自分だったら…の視点で見ないこと


自分だったら…の視点で見ないこと


人によって、あらゆるものに対する考え方はさまざま。違っていて当然なのだと思います。


ましてや男性と女性では、大きな違いがあっても仕方がないこと。


なので、連絡頻度などにおいても、「自分だったらこうするのに……」とは考えないほうがいいでしょう。


相手には、相手の都合や考え方があるはずです。そこを無視してしまっていないか、一度見返してみるといいかもしれません。


絶対に問い詰めない


「どうして返信くれないの?」と責めたり、「浮気とかしてないよね?」と疑ったり、「早く返事してよ」と催促をしたり……。


そのようなプレッシャーをかけてしまうと、連絡するのが余計に面倒になってくるでしょう。


連絡や返信がないことを責めたり怒ったりするのではなく、「連絡がないから心配だよ」と心配や寂しい気持ちを軽く伝えるようにすると、男性も嫌な気はしないはずですよ。


マメじゃなくても…


普段の態度や言動と併せて見ることも必要ですが、連絡がマメじゃなくても、それは「愛情がないから」とは限りません。


そこだけは履き違えないようにしないと、ふたりの間に大きな溝が生まれてしまうことになるでしょう。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ