子ども向け社会体験アプリ“ごっこランド”に新感覚の音ゲー「おすしでパンダンス」登場

子ども向け社会体験アプリ“ごっこランド”に新感覚の音ゲー「おすしでパンダンス」登場


キッズスターが提供する子ども向け社会体験アプリ「ごっこランド」の、あきんどスシロー協賛のパビリオン「おすしやさんごっこ」内に、新ゲーム「おすしでパンダンス」が登場した。

社会体験アプリ「ごっこランド」


キッズスターが独自開発・提供する「ごっこランド」は、子どもたちが大好きな“ごっこ遊び”を通して、インタラクティブに社会のしくみが学べる無料の社会体験アプリ。利用者は、子育て世代(ファミリー層)の約3分の1にあたる約400万世帯にのぼる。(※)

音楽×ダンス×おすしの新ゲーム


新ゲーム「おすしでパンダンス」は、“音楽・ダンス・おすし”という子ども達が大好きな3つを組み合わせた新感覚の音ゲー(音楽ゲーム)。


BGMに合わせて「すしネタ」のボタンをタップすると「サーモン!」「イクラ!」といった音声が流れ、リズムに合わせてパンダやサバがダンス!


すしネタの種類やボタンを押すタイミングによって、音楽のアレンジを楽しむことができ、ゲームのプレイ後には再生することができるようになっている。


さらに、ゲームのプレイ中にタップしたおすしは、ゲーム内でテイクアウトできる。

子ども“大好き”が詰まった新ゲーム「おすしでパンダンス」で、おうち時間を充実させてみては。

※「ごっこランド」が対象とする2歳~9歳の子どもをもつ世帯数に対する割合。
カテゴリ