永野芽郁、『キネマの神様』で深めた映画作りへの思い

永野芽郁、『キネマの神様』で深めた映画作りへの思い

 山田洋次監督がメガホンをとった松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』で、“映画の神様”を信じ続けた主人公・円山郷直(ゴウ)の妻・淑子(よしこ)の若い頃を演じた永野芽郁。山田組は初参加。「すごく丁寧に的確にお仕事をされるプロフェッショナルの集まりという感じ、歴史を感じました。張り詰めた中にも穏やかさは常にあって、それは監督が持っているパワーなんだろうな、思いました。毎日緊張と勉強の連続で、今までになかった経験ができました」。



【動画】永野芽郁のキュートな素顔を明かす菅田将暉



 原作は、原田マハ氏の同名小説。映画を愛する人たちに巻き起こる奇跡を描いた心温まる物語に、山田監督は主人公ゴウの青春時代の物語を新たに描いて映画化。「過去」と「現在」、二つの時代が映画の中でつながり、ゴウとその家族に起こる奇跡、愛と友情の物語に広がりと奥行きを与えた。



 青春時代の舞台となったのは1950年~60年頃の撮影所。山田監督が助監督時代を過ごした映画全盛期。永野が演じた淑子は、映画監督を目指して助監督をしていた若き日のゴウ(菅田将暉)たちが通う撮影所近くの食堂「ふな喜」の看板娘だった。



 「当時の写真や資料を見せていただいて、今の撮影所と全然違うなと思いました。作品を作るという目的は変わらないのに、フィルムからデジタルという違いも大きいと思いますが、映画の世界がこの50年でずいぶん変わったんだな、と思いました。人と人との距離も昔の方が近いと感じました。みんなで一緒に生きているって感じが伝わってきてあったかいな、と思いました。山田監督も若い頃の撮影所の様子を細かく明確に覚えていらっしゃっていて、たくさんお話ししてくださいました。監督とお話する時間が増えていくうれしさは確実に画面に出ていると思います(笑)」



 若き日のゴウを演じた菅田とは3回目(映画『帝一の國』、ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』)の共演。「絶対的な安心感がありました。毎回、全く違う菅田さんを見させていただけるのが楽しみで、今回の現場ではゴウちゃんに会えてうれしかったです」。一方、ゴウとともに撮影所で映写技師として働く若き日のテラシン(寺林新太郎)役で出演する野田洋次郎とは初共演。「透き通るような優しい声がすてきでした。俯瞰的にものごとを見ていらっしゃる方で、テラシンさんと通じるところがあると思いました」。



 真面目で誠実なテラシンも淑子に想いを寄せていたが、淑子はゴウと結婚。その後、酒浸りで借金まみれのゴウに手を焼きながらも、辛抱強く支え続ける。



 「テラシンと結婚した方が幸せになれると思いながら、私もゴウを選ぶと思う。なんででしょうね(笑)」。



 女性が「いい人」より「ダメ男」にひかれてしまう理由が、淑子を見ているとわかるかも。若き日の淑子の情熱に火をつける出来事があり、そこでの永野の熱演も見どころだ。



 本作は、2020年3月に過去パートからクランクイン。その撮影終了間際の2020年3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎で、主人公ゴウ役の志村けんさんが逝去。さらに疫病は世界的大流行となり、緊急事態宣言が出されて撮影はストップ。このまま未完成に終わってしまう可能性すらあった。しかし、志村さんの代役を沢田研二が務めることが決まり、撮影再開。無事、映画は完成するも、今年4月16日に予定していた公開日が延期となり、ようやく8月6日に初日を迎えることに。“映画の神様”を信じ続けた人たちによるこの映画が“奇跡”そのものとも言えなくもない。



 「完成した作品を観て安心しましたし、公開できて素直にうれしいです。言葉にしなくても伝わるやさしさや愛情って、いっぱいあるんだなと気づかせてくれる、あたたかくて、気持ちのいい時間を過ごしてもらえる作品になっていると思います」



 永野は2009年にデビュー、15年に映画『俺物語!!』のヒロインに抜てきされ、18年前期連続テレビ小説『半分、青い』のヒロインを務めて知名度を飛躍させた。映画『ひるなかの流星』(主演)、ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』など、話題作に次々と出演し、次代を担う女優の一人として活躍している。



 それでもたびたび、「不安」を口にする。「常にこれでよかったの? 大丈夫?と、心配で、不安で。完成した映画を観てもお客さんは楽しんでくれるかな?って。不安はきっと役者をやめるまでつきまとうんだろうな、と思います」。



 そんな不安から救ってくれるのも、「映画」だったりする。「作品の中で人生を生きている人たちってこんなにかっこよく見えるんだなって思ったり、思いがけない誰かのせりふに救われたりしてきました。私自身、映画に救われたことがたくさんあるので、誰かの心がふっと軽くなるような映画が作れたら良いなと思って。これからも映画作りに携わっていきたいです」。
カテゴリ