なんかムリ…男性が交際初期に「別れたい」と思った瞬間

なんかムリ…男性が交際初期に「別れたい」と思った瞬間

交際までは割と順調なのに、付き合ってからすぐにフラれてしまう女性っていますよね。


こういうタイプの女性って顔はかわいいのだけれど、彼を不安にさせる言動が多いのが特徴です。


そこで今回は、男性が交際初期に「別れたい」と思った瞬間をご紹介します。



好みと反対のことをされた


「俺はショートヘアが好きと言っているのに、わざわざエクステを付けてきた彼女は謎だった。


『私のことはロングでも好きでしょ?』というナルシスト感が見え見えで、疲れを感じてしまった」(30歳男性/営業)


女性側もからかい半分と言うか、構ってほしくて冗談でやっているんですよね。


でも彼からすると、「なんでわざわざイヤだって言っていることをするの?」と本気で疑問に思ってしまいます。


そして「この子とは価値観が合わなかったんだな」と、交際序盤で別れを意識し始めるのです。


もし自分の好みを知ってほしいのであれば、少しずつ小出しにしていきましょう。


思っていた性格と違った


「交際前は明るくて優しかった彼女。でも付き合った途端、怒りっぽく、ヒステリーになった。『本当はこういう子だったんだな』と思ったら、一気に気持ちが冷めた」(29歳男性/接客)


こちらはモテ方法だけは熟知しているタイプ。


そのため付き合う前はなるべく我を出さず、かわいらしく適度に尽くします。


しかしそれはあくまで付き合うまでの計算なので、彼が手に入った途端に豹変。


頻繁にケンカをふっかけたり、思い通りにならないとイライラしたり……。


これじゃ彼も「こんなはずじゃなかったのに」と、早々に別れを決意しますよね。


表向きのモテだけじゃなく、長続きする方法を学ぶべきでしょう。


ほかの男性と遊んでいた


「俺と付き合っているのに、頻繁に男友達と飲みに行っていた元カノ。やめてほしいと言っても聞き入れてくれなかったので、すぐに別れましたね」(25歳男性/公務員)


付き合いたての楽しい時期だからこそ、異性の存在が気になって仕方ないんですよね。


彼が嫉妬してしまうのも無理はないでしょう。


一気に男友達を切るのは難しいでしょうが、彼を1番に考えるのなら、異性と遊ぶのはセーブするべきかも。


そうじゃないと彼も不安や嫉妬に耐え切れなくなり、別れを切り出してくるかもしれません。


少しずつ自分を出してみて


自分をわかってほしい気持ちは誰にでもあるもの。


でもそれを交際序盤で前面に出してしまうと、彼も価値観の違いに驚いてしまいます。


上記に挙げたものでも、お互いの信頼関係ができた頃であれば許されるかもしれません。


焦るのではなく、一歩一歩距離を縮めていきたいものですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ