舞台『鬼滅の刃』11日より公演再開 脱水症状・炭治郎役の体調回復も「一部演出を変更」

舞台『鬼滅の刃』11日より公演再開 脱水症状・炭治郎役の体調回復も「一部演出を変更」

 8日・9日の公演が急きょ中止となっていた舞台『鬼滅の刃』其ノ弐 絆が、11日午前11時30分の公演より再開することが10日、発表された。脱水症状により体調不良で静養していた竈門炭治郎役・小林亮太は、体調の回復を確認し、本人・所属事務所・製作委員会にて協議の結果、出演可能と判断され、公演が再開されることになった。(※10日は休演日)



【動画】ゲネプロでは元気に水の呼吸も…柱が集結した舞台『鬼滅』公演中の様子



 7日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕した舞台『鬼滅の刃』其ノ弐 絆は、主人公・竈門炭治郎役の小林亮太の体調不良により、8日公演が急きょ中止になっていた。理由は、7日17時の公演中に小林が足の痛みを訴えたことで中止となり、その後、病院受診の結果、脱水症状による静養が必要との診断を受け、8日・9日の公演をすべて中止にしていた。



 今回、サイトでは「脱水症状との診断を受けておりました竈門炭治郎役 小林亮太さんですが、体調の回復を確認し、本人・所属事務所・製作委員会にて協議の結果、出演可能と判断いたしました」とし、「そのため、8月11日(水)11:30公演より一部演出を変更させていただき、公演を再開いたします」と公演再開を報告。



 「また、劇場物販につきましても、8月11日(水)11:30公演より再開させていただきます。この度は公演を楽しみにされていたお客様に大変なご心配・ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません」と伝えた。



 なお、払い戻し対象の公演は、8月7日(土)17:00公演、8月8日(日・祝)11:30公演/17:00公演、8月9日(月・休)11:30公演。詳細は公式サイトまで。
カテゴリ