窪塚洋介、切腹シーンで体が硬直 苦笑いで「1回、死んだんだと思う」

窪塚洋介、切腹シーンで体が硬直 苦笑いで「1回、死んだんだと思う」

 俳優の窪塚洋介が14日、都内で行われた映画『全員切腹』東京初日舞台あいさつに参加した。



【動画】監督からまさかの出演オファーに驚きを見せた窪塚洋介



 豊田利晃監督は「『全員切腹』というタイトルを思いついたのは去年のこと。タイトルの意味を上映した時に問われるかなと思ったけど、まさかオリンピックをやって、コロナがこんなに増えると思っていなかった。誰もが『全員切腹』の意味を問わないんですよ。みんな『分かってる』、『その通り』みたいな(笑)。でも、この国のトップやリーダーに言っているだけじゃなくて、それぞれの個人に、自分自身を含めて問いたかった映画です」と発信した。



 窪塚は「冒頭の部分は監督と全く同じなので、端折らせていただいて…」としながら「自分って書くと『自由の分身』って読めるなって思って。こんな時代になお自分らしく、なるたけ自由に人生を生きたいと思う人たちの何かの支えや道しるべに、この作品があれたら幸せ」と込めた思いを語っていた。



 また、切腹シーンの話題に。ワンカットで迫力のあるシーンとなり、豊田監督は「いいもの撮れた」と自信を見せる。力を入れることで顔色を変化させたそうで「窪塚洋介の才能。撮影が終わった後は体が硬直して動かなかった」と裏話を披露。苦笑いの窪塚は「1回、死んだんだと思う」と返し、会場をわかせていた。



 極音映画の最新形。物語は明治初期。ある流れ者の浪人の侍が「井戸に毒を撒いて疫病を広めた罪」で 切腹を命じられる。果たして、その侍は…。



 舞台あいさつには、切腹ピストルズも参加した。

カテゴリ