【男性の本音をリサーチ!】「この女性と付き合おう」と思った決め手とは

【男性の本音をリサーチ!】「この女性と付き合おう」と思った決め手とは

恋のチャンスはあるけど、なかなかお付き合いに至らない……という悩みはありませんか?


そんな女性は、男性からみて「お付き合いの決め手」に欠けるのかもしれません。


そこで今回は、男性に聞いた「この女性と付き合おうと思った決め手」をご紹介します。


自分の魅力にプラスできるポイントがないか、チェックしてみましょう!



芯がある


「合コンで会った子なんですけど、第一印象は『流されやすそう』って感じだったんです。


でも、職場であたりのキツイ先輩に対して『先輩の意図が分かるまではがんばる』って言ってて。

芯がある子だなあって、感心しました」(31歳男性/医療事務)


頼ってくれる女性がモテる、なんて話を聞くことがあるでしょう。


しかし自分の力で乗り越えられるところは、自分なりの努力をするという女性。


そんな女性となら、男性も「自分もがんばろう!」と良い刺激を受けてくれるはず。


だからこそ、手放したくない女性だと思われやすいのです。


男性を立てつつ、ハッキリ意思を伝える


「職場の同僚に、男性を立てるのが上手な子がいたんです。『ここは○○くんの得意分野だから、教えて』みたいに。


でも、僕の忘れ物が続いたとき、『しっかりしないと信用されないよ!』とハッキリ意見を言われ……。

この子のために、立派な男になりたいと思いました」(28歳男性/営業)


たしかに男性をうまく立てられる女性は、男性ウケがいいところがあります。


しかし、それだけじゃお付き合いの「決め手」にならないことも。


気になる彼を褒めたり、あえて任せたりすることも大事ですが、意見はハッキリ伝えましょう。


言いたいことを我慢してイライラしたり、遠回しに言ってくる女性よりも、男性はグッときやすいはずですよ。


尊敬できるところがある


尊敬できるところがある


「今カノとの初対面のとき、自分よりしっかり先のことを考えていて驚いたんです。


初めて家に行ったときも、仕事してるのに部屋がきれいだし、自炊も慣れてるし、心から尊敬しました。

その後『この子のそばにいたら安心だ』と思い、僕から告白しました」(32歳男性/看護師)


この「尊敬できるところ」は、決して料理や家事に限りません。


金銭感覚がしっかりしている、人にやさしくできる、など気になる彼が一目置くポイントなら、それは大きな魅力になります。


そのため「この子のそばにいれば○○が安心」という気持ちは、男性が告白を決める決め手になりやすいのです。


気になる彼の本命彼女に!


自分はどんな考えを持ち、なにが得意なのか。


ときどき、そんなことを考えてみるといいかもしれません。


そうすれば、自分の魅力をもっと生かすことができます。


そんなふうに「自分のスタイル」をしっかり持っている女性は、男性から「この子と付き合いたい!」と思ってもらいやすいですよ!


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ