濱口監督の話に熱心に耳を傾ける西島秀俊、映画『ドライブ・マイ・カー』撮影の舞台裏

濱口監督の話に熱心に耳を傾ける西島秀俊、映画『ドライブ・マイ・カー』撮影の舞台裏

 俳優の西島秀俊主演、村上春樹の短編を映画化し、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で日本映画史上初となる脚本賞ほか全4冠に輝いた濱口竜介監督最新作『ドライブ・マイ・カー』(8月20日公開)のメイキング画像が一挙公開された。



【写真】映画を観た後にもう一度見たくなるメイキング画像



 舞台俳優であり、演出家の家福悠介(西島)は、脚本家の妻・音(霧島れいか)と満ち足りた日々を送っていたが、ある秘密を残したまま突然この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福は、愛車のサーブで広島へと向かう。そこで出会ったのは、寡黙な専属ドライバー・みさき(三浦透子)だった。喪失感を抱えたまま生きる家福は、みさきと過ごすなか、それまで目を背けていたあることに気づかされていく…。



 解禁されたメイキング画像には、濱口監督が直接キャストの面々に演出している姿が印象的なショットが多数含まれている。舞台上やオーディション会場のシーンなどで、濱口監督の話に熱心に耳を傾けている西島の姿が収められたメイキング写真からは、“俳優であり演出家”という2つの側面を持つ家福という役に向き合う様子が垣間見える。



 濱口監督も「演出家の役として目の前で起きていることを本当に楽しんでいて、一緒に演じる側はすごく楽だっただろうという気がします。画面のなかで実際に、演出家のようにいていただいたと思います」と西島の現場での佇まいとその演技を絶賛。



 本作には、韓国、台湾、フィリピンなどの国からオーディションで選ばれた海外キャストたちによる多言語劇シーンがあり、そのメイキング写真も。さまざまな国のキャストたちが心を通わせながら本作を作り上げている舞台裏を見ることができる。



 また、家福の専属ドライバーみさき役の三浦は、本作のために免許を取得。実際に自身で運転するシーンも多く、真っ赤なサーブ900の前で監督から演出を受ける姿を捉えた写真も。濱口監督は「運転も特訓していただいて、とても素晴らしく映画のなかに存在してくれていると思います」と、演技もさることながら、初心者とは思えない三浦の運転テクニックに太鼓判を押していた。



■名建築も続々登場 知られざる魅力満載のロケ地“広島



 当初、韓国・釜山で大部分の撮影を行う予定が、新型コロナの影響で舞台を変えねばならず、白羽の矢が立ったのが広島。日本が世界に誇る巨匠が手掛けた名建築や、瀬戸内の美しい町など、知られざる広島の魅力も見どころの一つ。



 濱口監督は広島での撮影やロケ地選びのポイントについて、「映画のテーマとしては、車が走れる場所ということですかね。もちろん、車が走れるだけではだめで、走っている車を一体どう撮るか。それは良いカメラポジションを見つけられるか、用意できるかというのが一番大きいです。原作は東京の話ですが、昨今は東京だと車の走行シーンはまったく自由に撮れません。最初にロケ地として釜山を想像したのも映画制作の都合上、そこであれば自由に車の撮影が出来るんじゃないかと思っていたからです。でも、それがダメになって広島になりましたが、広島市のフィルム・コミッションの力もすごく大きくて、都市部での撮影も十分出来たし瀬戸内の島々でも撮れた。制作部の努力のおかげでとても素晴らしいカメラポジションがたくさん見つかりました」と、広島フィルム・コミッションの協力に感謝している。
カテゴリ