『ドキュメント72時間』夏コミ、コスプレ、サバゲーなど、人気回5本をイッキ見

『ドキュメント72時間』夏コミ、コスプレ、サバゲーなど、人気回5本をイッキ見

 オリンピックが開催された7月下旬からこの夏いっぱい、NHK総合で「深夜のイッキ見!まつり」と題した特集放送をしている。7月31日、8月1日、2日の3日間にわたってドラマ『六番目の小夜子』(2000年)全12話を放送した際は、鈴木杏、栗山千明、山田孝之、松本まりか、山崎育三郎らの“21年前の姿”が新鮮で、SNSでも連日話題になった。



【動画】『ドキュメント72時間』テーマソング、松崎ナオ「 川べりの家」



 「深夜のイッキ見!まつり」のラインナップはドラマだけではない。8月3日から12日にかけては、世界中に保存されている映像記録を発掘、収集、そして再構成した画期的なドキュメンタリーのシリーズ『映像の世紀』(初回放送:1995年)全11集放送した。



 来週16日には、ひとつの現場にカメラを据え、そこで起きる様々な人間模様を72時間にわたって定点観測するドキュメンタリー『ドキュメント72時間』(後11:30~)を編成。「ディープ5セレクション」と題して、「夏コミのコンビニ」(2015年)、「コスプレ専門ビル」(15年)、「サバゲーフィールド」(19年)、「伝説のゲーセン」(18年)、「昭和歌謡レコード店」(16年)の5本を一挙放送する。



 この5本は、番組プロデューサーいわく、「過去300回ほどの中でも、独特のディープな世界を体感できる人気放送回。この夏、観光や帰省がはばかられる中、非日常を味わえる、知らない価値観に出会えるというポイントで選びました」。



 いずれもコロナ以前の取材・放送回で、マスクのない姿や人がごった返す光景も、いま見ると、不思議な感じがするかも。早くこうした日常に戻ってほしいという思いに駆られる人もいることだろう。



 なお、同番組ホームページでは、レギュラー化以降の8年間に撮りためた映像でつづる動画「定点カメラの旅」をWEBで公開中。北海道から沖縄まで各地の絶景を見ることができる。



 ほかにも、20日・21日は志村けんさん特集。『となりのシムラ』(#3、#4、#6)、『プロフェッショナル 仕事の流儀「志村が最後に見た夢~コメディアン・志村けん~」』を再放送。



 東京2020パラリンピック開幕直前の22日は、パラスポーツと本格特撮が合体した特撮ドラマ『超速パラヒーロー ガンディーン』(全3話)。23日・24日は『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』、『サラメシ』『50ボイス』からパラリンピック関連回をピックアップ。



 9月12日からシーズン2が放送されるモンゴメリ作・不朽の名作『アンという名の少女』シーズン1(全8回)を28日から再放送する。



 「深夜のイッキ見!まつり」として再放送された番組は、PC・スマートフォンから利用できる「NHKプラス」で放送後1週間、配信される。配信期間中であれば好きな時間に繰り返し見ることができる。

カテゴリ