中澤佑二、吹き替え声優オファーを3回確認「ホントに?と」 フリースローゲームにヘディングで挑戦

中澤佑二、吹き替え声優オファーを3回確認「ホントに?と」 フリースローゲームにヘディングで挑戦

 元サッカー日本代表の中澤佑二が16日、都内で行われたバスケットボール選手レブロン・ジェームズが主演する映画『スペース・プレイヤーズ』(27日公開)の公開直前イベントに参加した。



【動画】フリースロー対決で神技シュートを決める中澤佑二



 冒頭のあいさつで、中澤は「四角、三角、中澤です」と一緒に登壇した丸山桂里奈の出ギャグをパクリ披露。丸山から「それ、私がやるヤツです!」とツッコまれていた。アメリカ代表として来日中のデイミアン・リラード選手/クロノス役の吹き替え声優を務める。



 オファーを振り返ると「マネージャーに3回ぐらい確認しました。『ホントに?』と」と笑わせつつ「現役の時はディフェンス。やるからには、レブロンを止めるつもりでガチでディフェンスするつもりでやらせていただきました。メッシを、どう止めるかと一緒ですから。アスリート魂が出ちゃいました」とニヤリとした。



 改めて自身の吹き替えした作品を見ると「恥ずかしかったですね。自分の声を映像に合わせて聞く機会はないので」としながらも「最後に自分の名前がスクリーンに映し出された時は感動しました」としみじみとしていた。



 この日は、作品に合わせて、フリースロー対決を実施。対戦相手となったココリコの田中直樹から「中澤くんはスポーツマン。先輩後輩を、すごく大事にする人。絵に描いたような忖度をしてくれると思う」とプレッシャー。苦笑いの中澤は「これはバスケットボールですよね?」と前置きした上で、ヘディングで挑戦していた。徐々にコツをつかみ、30秒で10ゴールを達成。現役時代を彷彿とさせる熱いプレーに登壇者たちは「スゴい!」と声を挙げていた。



 1923年の創立以来数々の名作に世におくり出してきた映画スタジオ、ワーナー・ブラザースの歴代の作品/キャラクターが垣根を超えて怒とうのごとく登場する無限バーチャル・ワールドで繰り広げられるeスポーツバトルを描いた作品となっている。



 イベントには、マヂカルラブリー、村上佳菜子も参加した。

カテゴリ