山崎育三郎・尾上松也・城田優“IMY”『MUSIC FAIR』出演 テレビの音楽番組初登場

山崎育三郎・尾上松也・城田優“IMY”『MUSIC FAIR』出演 テレビの音楽番組初登場

 山崎育三郎・尾上松也・城田優によるプロジェクト「IMY」が、28日放送のフジテレビ系『SHIONOGI MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)に出演。テレビの音楽番組に初登場し、自らのオリジナル楽曲はもちろん、夏の定番曲などを熱唱する。



【番組カット】IMYの3人が『 MUSIC FAIR』で歌唱を披露



 IMYという名は、それぞれの名前のアルファベットの頭文字「育三郎のI」「松也のM」「優のY」を組み合わせたもの。今回は、プロジェクト名に込められた思いや、11月に上演される公演、3人の中で絶対となっている、物事を決める際のある“ルール”についても明かされる。



 城田の作詞作曲によるIMYのオリジナル楽曲からは「数多の未来と愛」と「プリンススマイル」の2曲を披露。「プリンススマイル」は、城田が「必殺技のスマイル」と呼ぶ山崎のスマイルを思いながら作った曲だ明かし、山崎のポジティブな部分を「今、落ち込んでいたり悩んでいる人に向けて、大丈夫だよ、一緒に笑おうという歌詞に乗せて届けたかった」と、今回この曲を選んだ理由を語る。



 また、3人がいずれも過去に出演したことがあり、その縁でIMY結成のきっかけともなったミュージカル舞台『エリザベート』からの1曲「最後のダンス」も熱唱。城田がかつて演じ、思い入れのあるトートという役による歌で、山崎も昨年トートを演じるはずだったが、コロナ禍で公演が中止となってしまった。ここでは3人が同じ目的を共有するきっかけとなった舞台から、この曲を披露する。



 続いて披露するのは、カバー曲『夏の終りのハーモニー』。尾上のお気に入りでもあり、かつて山崎と尾上が『FNS歌謡祭』でも歌ったことがあるという思い出の曲だ。最後は、田が米倉涼子と共同プロデュースしたエンターテインメントショー『SHOWTIME』より「SHOW MUST GO ON」を歌唱する。城田は「この曲に込めたメッセージが、今のこの状況に合っていて、舞台に立つ側の僕らが意志を強く持ち、SHOWを止めないこと、エンターテインメントを止めないという精神で、お客様にポジティブな思いが届けばいいなという気持ちで歌った」と力強く語る。
カテゴリ