【雨上がり解散報告会】蛍原徹、地道なコンビ復帰プラン幻に 宮迫のYouTube開設時期が誤算

【雨上がり解散報告会】蛍原徹、地道なコンビ復帰プラン幻に 宮迫のYouTube開設時期が誤算

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(51)と蛍原徹(53)が17日、吉本興業の公式YouTubeチャンネルとABEMAにて、「アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会」を配信。コンビの解散を発表した。ゲストには、東野幸治、出川哲朗、ケンドーコバヤシ、狩野英孝、FUJIWARAが出演し、華やかに行われた。



【写真】東野幸治、出川哲朗ら登場!「アメトーーク」特別編で解散を報告した雨上がり決死隊



 東野幸治から、コンビ復帰への思いを聞かれた蛍原は「宮迫さん戻って、いつか1年後なり、2年後なり、5年後になるかもしれないけど、2人で戻ってきてできたらいいなと。僕の中では、宮迫さんもそう思っていると思っていたんですけど、反省した後は、おとなしくして、世間のみなさんの声が大丈夫かなと踏んだら、もう1回舞台から地道にいけたらいいな…」と幻のプランを披露。



 続けて「宮迫さんがその時期にYouTubeやるっていうことは疑問でした。(宮迫からは)事後報告ですよね。やることが決まっているって。僕の中で大きかったのは、始めた時期。ロンブーの亮が復帰する会見の前にやり始めたのが、ちょっと僕はいまだに(納得できない)。もちろん事情はあってのことだと思うんですけど」と明かした。



 吉本興業は同日、雨上がり決死隊の解散を発表。サイトで「これまで、雨上がり決死隊に多大なご支援をいただきましたファンの皆様、関係者各位には心より感謝いたしますとともに、それぞれの道を歩んでいく2人に今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけた。



 雨上がり決死隊は、1989年5月結成。フジテレビ系バラエティー・ワンナイシリーズなどを経て一気にブレイク。03年からテレビ朝日系バラエティー『アメトー―ク!』がスタート。そのほか数多くのバラエティー番組で活躍した。



 18年にはコンビ30周年を迎えていたが、19年に宮迫の闇営業問題が発覚。吉本から宮迫へ契約解消通知され、コンビは活動休止状態になっていた。
カテゴリ