【雨上がり解散報告会】雨上がり×TKO×アンジャッシュ “合同ライブ”を芸人熱望

【雨上がり解散報告会】雨上がり×TKO×アンジャッシュ “合同ライブ”を芸人熱望

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(51)と蛍原徹(53)が17日、吉本興業の公式YouTubeチャンネルとABEMAにて、「アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会」を配信した。



【写真】井戸田潤のハーレーダビッドソンに乗る宮迫博之



 解散に至るまでの経緯を包み隠さず明かした二人。駆けつけた東野幸治が「トークライブやイベント、いろんな出方が…」と、今後の活動について触れると、ケンドーコバヤシも「包み隠さず言うと、僕はお二人のライブを見たい。腐りきっていた時に声をかけてくれた。その恩は一生忘れられない」と語った。



 FUJIWARA・藤本敏史も「ライブやりましょうよ~。雨上がり決死隊、TKO、アンジャッシュでやりましょうよ! すごい集まるし、でっかいキャパでできますよ」と“合同ライブ”を提案。これに宮迫は「現状は解散ということになるから、なかなかかなわないけど、諦めずにという思いはあるよ」と答えていた。



 吉本興業は同日、雨上がり決死隊の解散を発表。サイトで「これまで、雨上がり決死隊に多大なご支援をいただきましたファンの皆様、関係者各位には心より感謝いたしますとともに、それぞれの道を歩んでいく2人に今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけた。



 雨上がり決死隊は、1989年5月結成。フジテレビ系バラエティー・ワンナイシリーズなどを経て一気にブレイク。03年からテレビ朝日系バラエティー『アメトー―ク!』がスタート。そのほか数多くのバラエティー番組で活躍した。



 18年にはコンビ30周年を迎えていたが、19年に宮迫の闇営業問題が発覚。吉本から宮迫へ契約解消通知され、コンビは活動休止状態になっていた。
カテゴリ