TOMORROW X TOGETHER、初のファンソングは「MOAとの道のりを表現」 メンバー全員が作詞に参加

TOMORROW X TOGETHER、初のファンソングは「MOAとの道のりを表現」 メンバー全員が作詞に参加

 韓国5人組グループ・TOMORROW X TOGETHERが17日、2ndアルバム『The Chaos Chapter: FREEZE』のリパッケージアルバム、『The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE』の発売を記念したメディアショーケースを開催した。



【写真】スタンドマイクを使用しタイトル曲を披露したTXT ソロカットも(写真全21枚)



 2ndアルバム『The Chaos Chapter: FREEZE』の8曲に加え、タイトル曲「LO$ER=LOVER」(Vはハート)、デビュー後初めて全世界のMOAにプレゼントするファンソング「MOA Diary (Dubaddu Wari Wari)」、さらに「0X1=LOVESONG(I Know I Love You)feat. Seori (Emocore Mix)」の新規トラック3曲を追加した計11曲を収録。これまでの活動の中では最短期間となる、3ヶ月でカムバックした。



 本作で注目されるのはMOA(ファンの総称)に初めてプレゼントするファンソング「MOA Diary (Dubaddu Wari Wari)」。メンバー全員が作詞に参加した楽曲で、MOAにどのような心を伝えたかったのかとの問いにSOOBINは「もっともTOMORROW X TOGETHERらしい曲をつくろうとしました。少しユニークで少し幼く感じるかと思いますが、それが僕らの長所だし、僕らの心を率直にMOAのみんなに伝えたかったです」と語り、HUENINGKAIは「初めての出会いからの道のりを表現しています。大変だった過去より、MOAの皆さんと盛り上がれる曲を作りたかったです。この曲を聞きながら、みなさんも幸せを感じてくれたらと思います」と気持ちを伝えた。



 また、ファンとの積極的なコミュニケーションについてHUENINGKAIは「ありのままの姿を見せるのが重要だと思うので、MOAの皆さんもそのような姿を見て勇気付けられたらなと思います」、YEONJUNは「ファンの皆さまの投稿に感謝しています。僕も勇気や元気をもらうことがたくさんありました。人間なので弱い姿をお見せすることもあると思いますが、これも逆境を乗り越える過程で、どんな人でもやり遂げられるのだということを伝えたい」とファンにメッセージした。



 タイトルに入っている「Dubaddu」についてBEOMGYUは「MOAのみなさんがTOMORROW X TOGETHERをすこし違う呼び方で呼ぶときに使う言葉です。この特別な呼び方を使ってサブタイトルを付けてみました」とファンに寄り添った制作過程を明かし、HUENINGKAIは「5人のメンバーが歌詞書き、いいと思った部分を選んで曲を完成させました。僕は思い出を回想して歌詞を書いたのですが、メンバーでどんな話をしたか、日記に何を書いたか、どんな応援のメッセージをくれたか、思い出しながらの作業は楽しかったです」と振り返った。



 TOMORROW X TOGETHERは、リーダーのSOOBIN、YEONJUN、BEOMGYU、TAEHYUN、HUENINGKAIの5人組。世界的人気を誇るBTSと同じ所属事務所としてデビュー前から注目を集め、2019年3月にデビューした。スタイリッシュなボーイズグループで、TOMORROW X TOGETHER という名称には「異なるあなたと自分が一つの夢のもと、一緒に明日を作っていく」という意味が込められている。
カテゴリ