絶対守る!男性が「大切にしたい」と思う女性の言動

絶対守る!男性が「大切にしたい」と思う女性の言動

「あの子はなんで、いつも男性に大事にされているの?」と疑問に思ったことはありませんか?


自分はいじられてばかりだと、「私だって大事にされたい……」と切なくなってしまうもの。


そこで今回は、男性が「大切にしたい」と思う女性の言動をご紹介します。



「私にはあなただけ」


男性の行動のなかに、あなたへの優しさや気遣いが少しでも見えたなら、「こんなことしてくれるのあなただけ」と囁くように言ってみて。


男性は、「あなただけ」という特別感に弱いので、ただ感謝を伝えるだけではなく「あなたみたいな人は他にいない」という隠れたメッセージを付け加えることがポイント。


そんなことを言われたら、「ドキッ」と男心をくすぐられ、あなたのことを「特別大事にしよう」という使命感が湧いてくるはずです。


「なんで私のことそんなにわかるの?」


男性は、基本女性の気持ちを理解したいもの。


好きな子だったら尚更です。


あなたがしてもらえたら嬉しいことや、好きなことを男性にわかりやすくしておきましょう。


たとえば、「素敵なカフェに連れていってもらえたら嬉しいな」とか、「〇〇のアイスが大好きなんだよね」なんて、おねだりではなく、さりげなく彼の脳にインプットしておく。


それを基に、あなたが喜ぶような行動をしてくれたら、「なんで私のことそんなにわかるの?」とちょっと驚くように言ってみてください。


その気持ちの裏には、「理解してくれて嬉しい」が隠れています!


相談に乗ってくれるなど、あなたが嬉しい些細なことでもOK。


言われた男性は、「コイツには俺が必要なんだな」と嬉しくなって、あなたのことをもっと大事に扱いたくなるはずです。


「私はあなたのこと尊敬しているよ」


最後に、大事にされたいなら、男性への尊敬をはっきりと伝えてください。


男性は、女性に「すごい」と言われたくて、日々、頑張っていることも多いのです。


そんな彼らのことを、心のなかで「尊敬する」と、きちんと言葉にすることが大切です。


仕事や勉強など頑張っている姿を見たら、「私はあなたのこと尊敬しているんだから」と、キラキラした目で言ってみて。


すると男性は、「きゅん」ときて、「この子のために頼れる男になろう」と、もっと尊敬されるような努力をするようになるかもしれません。


ぜひ試してみて!


大事にされるためには、上記のような、他の女性があまり言わないような発言をすることが重要です。


ただし、乱用しすぎて男性同士で伝わってしまうと、「あいつみんなに言ってるじゃん」と印象が悪くなるため、好きな人や気になる人限定にしましょう。


(麻生アサ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ