千葉市内13会場で同時開催する写真芸術展「CHIBA FOTO」が8月21日スタート

千葉市内13会場で同時開催する写真芸術展「CHIBA FOTO」が8月21日スタート


千の葉の芸術祭実行委員会は、8月21日(土)~9月12日(日)の期間、写真芸術展「CHIBA FOTO」を千葉市内各地にて開催する。

これは、千葉市が市制100周年を迎えた今年、「アートでつながる アートでつなげる 自由なアートが人と社会をかえていく」をコンセプトに開催中の「千の葉の芸術祭」のプログラムとして開催されるもの。時代と向き合う「写真」という表現媒体でつくり出す、「写真」に特化した芸術展で、気鋭の写真家たちを起用し、新作を含む作品を展示する。

また、千葉の現在をとらえた作品や、千葉の土地の歴史を掘り下げた作品も展示し、過去から現在、現在から未来という、時間の連なりを感じる機会も提供していく。

千葉市内の歴史的建造物や文化施設が展示会場に



会場となるのは、千葉市内にある歴史的建造物や、市民になじみ深い文化施設。

そこにセノグラフィによる非日常的な空間演出を施すことで、新たな体験を提供し、これまで気がつかなかった街の魅力をも掘り起こしていく。


「CHIBA FOTO」では、このような作品と空間演出がセットになったユニークな展示を、13の会場で同時に、かつ無料で展開。アートやクリエイティビティと触れ合う歓びを広く届け、来場者自身の創造性を刺激することで、新たな視点へと誘う。

さらに、点在する会場をめぐる中で初めて通る道や風景、人々との出会いも、小さな発見を積み重ねていく「CHIBA FOTO」ならではの体験だ。

「CHIBA FOTO」参加作家



参加作家は、宇佐美雅浩/そごう千葉店 9階 滝の広場、


川内倫子/千葉市中央コミュニティセンター 松波分室、


楢橋朝子/千葉市ゆかりの家 いなげ、


本城直季/千葉市美術館9階 市民ギャラリーのほか、清水裕貴、新井 卓、吉田志穂、蔵 真墨、佐藤信太郎、北井一夫、金川晋吾、横湯久美。

千葉市内の歴史的建造物や文化施設を舞台に始まる「CHIBA FOTO」。詳細は、新型コロナウイルス感染予防対策とあわせて「千の葉の芸術祭」公式ホームページで確認を。
カテゴリ