THE RAMPAGE、吉野北人の初主演ドラマでED主題歌 RIKU「北人、本当におめでとう!」

THE RAMPAGE、吉野北人の初主演ドラマでED主題歌 RIKU「北人、本当におめでとう!」

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、メンバー・吉野北人が初主演するMBS・TBS系ドラマ『トーキョー製麺所』(9月7日スタート MBS:毎週火曜 深0:59~/TBS:毎週火曜 深1:28~)のエンディング主題歌を担当することが23日、発表された。



【写真】吉野北人らが“うどんダンス”を披露



 本作は、ちょっぴり問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」を舞台に、働く5人の男女の奮闘記をシニカルかつコメディータッチで描きながら、飯テロならぬ“うどんテロ”を誘う青春グルメ群像劇。



 エンディング主題歌「OFF THE WALL」は、ラウドロック、ミクスチャーの要素を取り入れた疾走感溢れるトラックに載せて「OFF THE WALL=型破り」に生きる、という強い意志を込めた歌詞を歌い上げる。



 RIKUは「この度、自分たちの新曲『OFF THE WALL』がエンディング主題歌として起用して頂き、とてもうれしく思っております!」と喜びを爆発させながら「メンバーの北人の初主演ドラマということもあり、グループの一員として楽曲で参加することができ、非常にうれしい気持ちでいっぱいです。俳優としての北人、そしてこの楽曲がたくさんの方々に届くことを心から願っております。そして、最後に。北人、ドラマ初主演本当におめでとう!!」とコメントを寄せている。



 吉野が演じる主人公・赤松幸太郎は、「トーキョー製麺所」の新店長で元ホテルマン、紳士さ溢れる佇まいと“ポマードヘア×うどん店長”という役柄のギャップが特徴的。そのほか、バイトリーダー・青井春翔役の柳俊太郎、関西出身の大学生バイト・緑川義雄役の奥野壮、就活中の女子大生バイト・桃田凛役の秋田汐梨、バツイチ子持ちのパート・黄本節子役のニッチェ・江上敬子らが脇を固めた。



 そんな麺戦士5人の“うどんレボリューション”なポスタービジュアルも同時解禁。それぞれの名前に「赤・青・緑・黄・桃」がつき、衣装にもその色と個性が光る。“青春グルメ群像劇”を象徴する明るくポップな仕上がりになっている。
カテゴリ