辛坊治郎氏、太平洋“往復”横断あすにも達成 ラジオで明かす

辛坊治郎氏、太平洋“往復”横断あすにも達成 ラジオで明かす

 ヨットで太平洋を“往復”横断しているキャスターの辛坊治郎氏(65)が、24日の午前中にもゴールすることがわかった。23日放送のニッポン放送『辛坊治郎ズーム そこまで言うか!』(月~木 後3:30)内で明かした。



【写真】まるで別人…!辛坊治郎氏、出港時のヒゲなしガッツポーズ



 辛坊氏は、4月9日午前9時17分に大阪府岬町の淡輪ヨットハーバーからKaorinV(カオリンファイブ)号で出港。6月16(日本時間)にアメリカ・サンディエゴへ到着し、7日間の休養と整備を経て再び日本へ向けて出発した。



 番組では、往路出発の翌週から月曜~木曜の毎日午後5時に「生存確認テレフォン5時の辛坊です」と題し、太平洋上の辛坊へ衛星携帯電話を使って生電話。日々航海中に起こる出来事やトラブルの報告、リスナーからの質問・メッセージに答えるなど、留守中も“生存確認“を兼ねてやり取りを続けている。



 往復2万キロあまり、日本出発から4ヶ月半。復路のゴールとなる大阪まで残りわずかとなったが、23日の番組内で辛坊氏は「正確にいうと、潮岬、紀伊半島の先から30キロぐらい」と現在地について説明。立川志らくから「あすは確実ですか」と向けられると「エンジンに万一のことがあれば何があるかわからないが、常識的に考えれば壊れないので、あすの午前中には(港に)入れますね」と明らかにした。



 同局では到着時間の該当番組内でゴールの瞬間を生中継するほか、『辛坊治郎ズーム』では、辛坊氏と中継を結んで。じっくりと太平洋往復航海の旅の感想と感動を伝える。
カテゴリ