純烈・小田井涼平、MCの山本康平をイジり倒す「いないから言うんやけど」

純烈・小田井涼平、MCの山本康平をイジり倒す「いないから言うんやけど」

 スーパー銭湯のアイドル・純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)が26日、都内で行われた映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』(9月10日公開)完成披露舞台あいさつに参加した。



【動画】小田井涼平、サプライズ登場した純烈ジャーにポツリ「背が縮んだ…」



 後上は「映画になったのは、皆さんの力。また、個別で話せるイベントの時に、いろいろ聞かせていただきたい。不思議な感覚でいます」としみじみ。白川は「去年、コロナ禍でなかなかコンサートができなくて、なかなかファンの皆さんと会うこともできなかった。こうして『純烈ジャー』で、主演で映画をやらせていただいている。ファンの皆さんと喜びを分かち合える作品ができて、うれしく思います」と振り返った。



 小田井は「やっと、皆さんに見ていただけた。コロナ禍とはいえ、ちょこちょこライブをやらせてもらえるようになった。その中で映画の話をするんですけど、公開前で言える情報と言えない情報があった。やっと中身を踏まえての話もできる。撮影秘話も聞けると思いますので、ぜひ純烈のコンサートにも足を運んでください」とニヤリ。酒井は「健康センター、キャバレーで頑張っているころからファンの皆さんに応援していただいて紅白歌合戦にも出場させていただいた。『紅白の向こう側』と思い描いていた構想が、この『純烈ジャー』でございます。純烈が初主演。きょう、ご覧いただける日が来たのは、僕の夢でもありました。感謝の1日です」と万感の思いを語っていた。



 また、共演者との裏話に。小田井は「今回、山本康平くんという役者が出ているんですけど」と、この日のMCを務めた山本康平を見ながら悪い笑顔を浮かべる。続けて「絡むシーンが多いんです。いろいろ現場でお話させてもらったんですけど、康平くんが役者とは思えないぐらい緊張してはった。何かあると『涼平さん…』と言ってくる。『俺より役者やっているから大丈夫』と言ったのが懐かしい」と暴露した。



 さらに、出演する前川清から直接、アドバイスも受けていたそう。小田井は「あれはスゴい。前川清さんから直々に演技の心得を…」とうらやましそうに語ると「アドバイスをもらってもまったく一緒で変わってなかった。それぐらいテンパってた」とぶっちゃけていた。最後は「康平くんがいないから言うんやけどね」と豪快に笑い、冷や汗をかいていた山本から「横におるって!」とツッコまれていた。



 歌謡界のスターダムである純烈のメンバー。それは世を忍ぶ仮の姿で、実は皆の憩いの場となる温泉施設の平和を守るヒーロー“純烈ジャー”として、人知れず温泉の平和を乱す悪と戦っていた。ある時、全国の温泉でイケメンが行方不明になるという怪事件が多発し、話題となるが、事件性が見られないことから警察の捜査は見送られてしまう。温泉の危機を感じ取った純烈のメンバーは、独自に捜査を開始するが…、というストーリーとなっている。



 舞台あいさつには、沸田洋監督も参加した。

カテゴリ