注目の絵本作家・アヤ井アキコ氏初の創作絵本『くまが うえに のぼったら』が発刊

注目の絵本作家・アヤ井アキコ氏初の創作絵本『くまが うえに のぼったら』が発刊


ブロンズ新社は、絵本『くまが うえに のぼったら』(アヤ井アキコ作)を、8月26日(木)に全国の書店で発売する。

注目の絵本作家の初となる創作絵本



著者のアヤ井アキコさんは、『もぐらはすごい』(川田伸一郎・監修/アリス館)で第24回日本絵本賞大賞を受賞するなど、いま注目の絵本作家。絵も文も担当する創作絵本は、同書が初となる。

くいしんぼうのくまが主人公



“「あむあむ、おいしい。もっとたべたいな」山ぶどうの実に夢中になり、どんどん松の木をうえにのぼっていく、おおきなくま。くまの重さにがまんができなくなった松の木は、全身をばねのようにしならせて、夜の大空へとはねあげた!”


同書は、くいしんぼうのくまが夏の終わりの夜に巻き起こす大騒動のお話。物語の舞台は著者のアヤ井アキコさんが生まれ育った北海道の大自然からイメージを膨らませており、登場する動物たちも生き生きとしたすがたで描かれている。

たった一晩の、ファンタジーのお話だが、「寝ているあいだに、どこかで何かが本当に起こっているかもしれない…!」と、見えないことを想像するたのしさが詰まっている。

くいしんぼうのくまがおこす、真夜中のおおさわぎ。『くまが うえに のぼったら』を、夏の終わりの夜に子どもと一緒に楽しんでみて。

■書籍情報
『くまが うえに のぼったら』 アヤ井アキコ
・発売日:8月26日(木)
・定 価:1,540円
・販 売:全国の書店などで販売
カテゴリ