佐藤健・阿部寛がむせび泣く 映画『護られなかった者たちへ』桑田佳祐の主題歌スペシャル映像

佐藤健・阿部寛がむせび泣く 映画『護られなかった者たちへ』桑田佳祐の主題歌スペシャル映像

 俳優の佐藤健、阿部寛らの共演で、人気ミステリー作家・中山七里の同名小説を映画化した『護られなかった者たちへ』(10月1日公開)の主題歌、桑田佳祐による「月光の聖者達」のスペシャルトレーラーが解禁となった。約2分の映像は、主題歌と映画の映像を存分に堪能することができ、今回初出しとなる映像も収録されている。



【動画】主題歌スペシャルトレーラー



 震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの利根という男(佐藤)。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた――。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか? 利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく――。ほかに、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人などが出演する。



 解禁となったスペシャルトレーラーは、「火を、点けました。対応がずさんだったんで」という利根の告白、そして、「利根はまだ何か隠してる気がするんです!」という笘篠の強い言葉から始まる。笘篠が空を見上げると一面の星空が広がっており、優しい音色が流れ始め、そこから利根の過去が垣間見える映像に。



 利根が震災後の避難所で出会う遠島けい(倍賞)、カンちゃんという少女と3人で肩を寄せ合い、まるで本当の家族のような絆を築いていく様子が描かれる一方、保健福祉センターの職員・三雲(永山)に怒りもあらわに掴みかかる姿。そして冒頭の告白の通り、炎を見つめる姿。ささやかな幸せを手にしていたはずの利根は、何故罪を犯してしまったのか?



 容疑者・利根と刑事・笘篠、さらに彼らを取り巻く登場人物それぞれが、複雑な想いを抱えながらも生きていこうとする姿は、「現在(いま)がどんなにやるせなくても 明日(あす)は今日より素晴らしい」と桑田が歌い上げる世界観とリンクし、感情を激しく揺さぶる。ラスト、「死んでいい人なんていないんだ」と語りかける利根が“罪を犯してまで、護りたかったもの”とは? 阿部、そして佐藤が涙するシーンも最後に映し出される。

カテゴリ