“北海道産天然青海苔”を使ったメニューが、『南麻布「分とく山」フェア』に登場!

“北海道産天然青海苔”を使ったメニューが、『南麻布「分とく山」フェア』に登場!


はこだて海の教室実行委員会が、日本料理の有名店「分とく山」の野崎総料理長と連携し、未利用海藻“北海道産天然青海苔”を使ったメニューを開発。9月10日(金)〜20日(月・祝)の期間、ホテルニューオータニ幕張で開催される『南麻布「分とく山」フェア』の、コース内の一品として登場する。


なお、このキャンペーンは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環として開催される。

未利用の北海道産天然青海苔を活用


近年、地球温暖化の影響等により、青海苔の生産地である九州や四国では不漁が続いている。一方、北海道の沿岸には青海苔が生育しているが、もったいないことに、この北海道産天然青海苔のほとんどは、未採取、未利用だという。

はこだて海の教室実行委員会が、2021年に北海道内の74の漁協にアンケート調査を行ったところ、48漁協から回答を得て、その全部が販売用としての収穫はしていないことが明らかになった。

そこで、同会は、未利用の北海道産天然青海苔に注目。岩海苔の生産地として有名な松前町の生産者や子どもたちと連携し、昨年から収穫と商品化に取り組んできた。

「北海道産天然青海苔入り萬おこわ」登場



今回は、この北海道産天然青海苔を使ったメニュー「北海道産天然青海苔入り萬おこわ」が、『南麻布「分とく山」フェア』のコース内の一品として登場。

ランチコース料金は¥5,000・¥7,000となっている。

さらに、はこだて海の教室実行委員会が作成したリーフレットも配布。食事を楽しみながら、海の変化や新たな可能性について知り、考えるいい機会となりそうだ。

フェアの詳細はホテル公式HPをチェック


予約は、ホテルニューオータニ幕張1階の、日本料理『千羽鶴』への電話などにて受付中。フェアの詳細は、ホテル公式HPにて確認を。

海に思いを馳せながら、北海道産天然青海苔を使用したメニューを味わってみては。

■ホテルニューオータニ幕張
住所:千葉県千葉市美浜区ひび野2丁目120−3

※営業・実施状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ