“四季菓子の店 HIBIKA(ひびか)”が9月1日(水)より「秋の四季菓子」を発売

“四季菓子の店 HIBIKA(ひびか)”が9月1日(水)より「秋の四季菓子」を発売


春夏秋冬、折々の四季菓子を販売している“四季菓子の店 HIBIKA(ひびか)”は「夏の四季菓子」にかわり、9月1日(水)より「秋の四季菓子」を 阪急うめだ本店、日本橋髙島屋店にて発売する。

“にっぽんの洋菓子"がコンセプト


“四季菓子の店 HIBIKA(ひびか)”は、“にっぽんの洋菓子"がコンセプトの洋菓子ブランドだ。古くから四季の移ろいに寄り添いながら暮らしてきた“にっぽん人”。旬の素材を活かした彩り豊かな食文化や、季節の節目や祝い事ごとに菓子を贈り合い、一緒に囲むことで人とのつながりを大切してきた日本ならではの文化や感性を大切にした洋菓子を作りたいという想いを込めて、選び抜いた素材で丁寧に作っているという。

9月1日(水)からは、じっくり炊いた自家製の丹波栗ペーストを絞って香ばしく焼き上げた「栗ひろい」や、「秋のふきよせ ミニ缶」「秋のクッキー“ポルボロン”」など、秋の挨拶にもおすすめの焼き菓子を用意する。

「秋の四季菓子」紹介



上品な甘さと豊かな香りの“京都産 丹波栗" を使用した「栗ひろい」。価格は4個入り2,052円(税込)、8個入り4,104円(税込)。


栗をモチーフにしたクッキー、シナモンの香りが上品なサブレ、甘酸っぱいカシスのメレンゲなど味わい豊かな焼き菓子を、四季を表現した4色の可愛らしいミニ缶に詰め合わせた「秋のふきよせ ミニ缶」。価格は1,944円(税込)。


口に入れるとほろほろ溶ける、繊細な口どけの「秋のクッキー“ポルボロン"」。秋の味はヘーゼルナッツ、ショコラ、紫いもで、価格は3個入り800円(税込)、6個入り1,620円(税込)、9個入り2,430円(税込)、12個入り3,240円(税込)、15個入4,050円(税込)。

「秋の四季菓子」は、阪急うめだ本店、日本橋髙島屋店のほか、“四季菓子の店 HIBIKA”公式オンラインショップでも秋のギフト商品を購入可能。なお、オンラインショップでの「秋の四季菓子」の販売は2021年11月下旬までで、販売期間は店舗とは異なる。

四季折々の菓子が楽しめる同ブランドで、秋の味覚を堪能してみては。

■HIBIKA 阪急うめだ本店
住所:大阪府大阪市北区角田町8番7号 阪急うめだ本店 B1F

■HIBIKA 日本橋髙島屋店
住所:東京都中央区日本橋2丁目4-1 日本橋髙島屋 B1F
カテゴリ