愛情表現のつもりが…大好きな人にこそ「やってはいけない行為」とは?

愛情表現のつもりが…大好きな人にこそ「やってはいけない行為」とは?

相手のことが好きすぎると、物事を冷静に見ることができなくなりがち。


周りが見えなくなっている状態だと、お互いの関係性を崩すことになる可能性も……。


そこで今回は、彼氏が大好きでもやってはいけない行為をご紹介します!


2人の関係性を良好なものにするために、ぜひチェックしてくださいね。



尽くしすぎる


世話を焼きすぎてなんでもやってあげてしまうのは、あまりよくありません。


たとえ愛情からくる行動であったとしても、男性には重く思われたり、窮屈に感じられるようになる危険性も大。


また、やってくれるのが当たり前になると、相手もどんどん図に乗ってしまうでしょう。


大好きだからこそ、いろいろとやってあげたくなる気持ちはわかります。


しかし、ほどほどにしておかないと、恋人というよりも母親のような存在になってしまうかも。


なんでも謝る


悪いことをしたと感じたときに、素直にきちんと謝れるのは素敵なことです。


しかし、自分に非がないのに、なんでもすぐに謝ってしまうのは、逆に2人の関係性をおかしくしてしまう原因になり得ます。


「好きだから」とか「嫌われたくないから」といった思いだけで、とりあえず謝ったりすると、雑に扱われるようになったり、都合のいい相手にされたりすることも。


それは、あなたにとっても、彼にとってもあまりいいこととは言えないのではないでしょうか。


時間を共有しすぎる


やっちゃダメ!彼氏のことが大好きでもやってはいけない行為


恋人同士だとしても、常に一緒にいるのは窮屈さを感じやすくなる原因の1つ。


ある程度はそれぞれ自由な時間を持ったほうが、いつまでもいい関係性を築いていけるでしょう。


関わり合いのない自由な時間を楽しんでいるときは、なるべく連絡は取りすぎないことも重要。


心配な気持ちもあるのかもしれませんが、お互いに邪魔をせずにいることも、信頼を生むために大切なものなのです。


金銭の貸し借り


どんなに好きでも、気軽にお金を貸すのはやめたほうがいいでしょう。


お金の貸し借りは信頼関係を壊す原因になりやすいもの。ひどいケースだと、仲の良かった友人同士が裁判沙汰に……なんてこともあります。


これが、恋人同士であったとしても「絶対に同じことにならない」とは言い切れません。


また、簡単にお金を貸してしまうことで、男性をどんどんダメ男に育て上げることになりかねないかも……。


「ちょっと貸しといて」とか「あとで返すから」なんて言葉にだまされないよう、もし貸すことになったときも、その理由や使い道などはしっかりと聞き出しておくべきです。


お互いのために適切な距離感を保って


いつまでも良好な関係性を築いていくためには、適度な距離感を保つことも大切。


そのバランスを壊してしまうと、相手に煙たがられたり、都合良く利用される危険性も出てきますよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ