秋はちょっとスモーキーな香りが気分。“秘める美”を表現する日本生まれの香水「TOBALI」が気になります


猛暑の夏も間も無く終わりを迎え、9月はもうすぐそこ。



季節の変わり目は、身に纏うあらゆるものに変化をつけたくなりませんか?秋の訪れとともに新調したいものといえば、ファッションやメイクに加えて、香りもそのひとつ。



今回は、日本発のメゾンフレグランスブランド「TOBALI(トバリ)」をご紹介します。



これから迎える肌寒い季節にぴったりの、少しスモーキーな香りを展開しているんですよ。



日本生まれのフレグランスブランド「TOBALI」





@t7hrk / Instagram



「TOBALI」は、2017年に誕生した、日本発のメゾンフレグランスブランド。



空間を隔てて見えなくする垂れ絹「帳(とばり)」を由来とするブランド名の通り、香りで表現する“秘める美”をコンセプトとしています。



日本では古くから、内面で語り合い、心の安定を促すような“精神的美徳”を指す、「禅」「風情」「侘び寂び」といった文化が伝わってきました。そのような、魅力をあえて内に秘めることで現れる、“秘める美”を香りで表現しようと生まれたのが「TOBALI」です。





@r_m_owada / Instagram



1110年前から、香りを芸術として楽しむ文化が存在したといわれる日本。TOBALIは、400年の歴史をもつ「日本香堂」とともに、その芸術の歴史を紐解き、同ブランドの香りの核となる「Hidden Japonism 834」を作り出しました。



TOBALIの香水全てには、ベースの香りとして「Hidden Japonism 834」が共通しているんです。



そして、香水には必ず二面性を持たせ、「色気と知性」「強さと情愛」「気品と狂気」など、相反する2つの顔を香りで表現しているのだとか。



香りの背景には、イメージする“人”の存在が



ここからは、そんなTOBALIが展開する、ユニークな香りをいくつかピックアップして紹介します。いずれも50mlボトル(税込1万3200円)と100mlボトル(税込1万6500円)が販売されていますよ。



CYPRESS MASK EAU DE PARFUM





@nails_by__mai / Instagram



「CYPRESS MASK EAU DE PARFUM」が表すのは、「気品に秘める狂気」。



能を芸術の域まで押し上げた猿楽師・世阿弥をイメージした、「JAPONISM TRADITION WOODY」の香りです。



“気品”高く静かに舞う檜と、“狂気”のごとく変幻自在に研ぎ澄まされた芸術を表現。サフランやナツメグといったスパイスの刺激がシダーウッドと複雑に絡み合い、気高い香りの芸術が優雅に舞い踊ります。



TOP:SAFFRON、HINOKI、NUTMEG

MIDDLE:MYRRH、INCENSE、BOKUJU

LAST:CEDARWOOD、PAPYRUS、LEATHER、OUD/JINKO

BASE:Hidden Japonism 834



WATER REFLECTION EAU DE PARFUM





@asw_g_66_ / Instagram



「WATER REFLECTION EAU DE PARFUM」は、「華麗に秘める孤独」を表現。



ジェンダーという境界を越えて究極の男性像を演じ、その華麗な流し目で男性さえも魅了した、宝塚歌劇団の男役をイメージしているといいます。



“華麗”なクチナシの花の奏でる甘さと、みずみずしい柑橘の雫、そして時と共に徐々に訪れる“孤独”。清らかな水鏡に映り込んだ、遠い過去の儚い記憶のように、切なく甘美な「JAPONISM FLORAL CITRUS」の香りです。



TOP:LIME、TANGERINE、BERGAMOT

MIDDLE:GARDENIA、JAPANESE INK、GREEN TEA、VIOLET

LAST:EBONY、MUSK

BASE:Hidden Japonism 834



SMOKE FLOWER EAU DE PARFUM





@__i.me67 / Instagram



最後は、「色気に秘める知性」を感じさせる「SMOKE FLOWER EAU DE PARFUM」をご紹介。



権力者や特権階級のみを相手にし、至高の美しさで人々を虜にした花魁・高尾太夫をイメージした「JAPONISM POWDERY FLORAL」の香りです。



極彩色の花々が持つ芳醇な“色気”を、“知性”の煙草の煙が柔らかく包み込み融合。スモーキーなアクセントが、奥に潜む気品をさらに際立たせ、甘く濃厚な蜜のような香りが漂うそう。



TOP:BAIE ROSE、CARDAMOM、UKON、CLOVE、TOBACCO

MIDDLE:INCENSE、LILY OF THE VALLEY、KANZO

LAST:AMBER、OUD/JINKO、CASHMERE WOOD

BASE:Hidden Japonism 834



この秋は、深い“日本の香り”に包まれて



肌寒い季節には、少し重めの香りがうってつけ。



この秋は、秘めることでより深みの出る美しさを、香りで纏ってみてはいかがですか?







カテゴリ