新水族館誕生に先駆けアートなラッピングバスが神戸を走る!

新水族館誕生に先駆けアートなラッピングバスが神戸を走る!


10月29日(金)神戸・新港突堤西地区に開業を控える、都市型アクアリウム「átoa(アトア)」。開業プロモーションの一環として、「átoaデザイン」のラッピングバスの走行をスタートさせた。

ハナミノカサゴやトラフザメを描いたデザイン



車体に描かれているのは、「átoa」内で展示が予定されている「ハナミノカサゴ」や「トラフザメ」、「ピラルク」など5種類の魚たち。妙にリアルなシルエットであるが、斬新な配色が目に留まる。架空の世界の中で暮らすリアルな生きものたちがアートと融合したアクアリウム「átoa」の世界観が表現されている。

「átoa」デザインのラッピングバスは、神戸市内を中心に淡路方面等へ運行している高速バス「ハーバーライナー(神姫バス)」1台で、8月22日(日)より2年間の運行を予定している。

連節バス「Port Loop」の協賛で実現



今回のラッピングバスは「átoa」が契約を結ぶ、連節バス「Port Loop」の協賛プランのひとつとして実現した。今年の4月から運行をスタートした「Port Loop」は、三宮とウォーターフロントエリアを結ぶ新たなアクセスとして期待されており、神戸阪急前の「三宮駅前」から最寄りバス停「新港町」までの乗車時間は約7分、バス停から「átoa」へも徒歩1分と「átoa」へのメインアクセスとしてもおススメである。9月からは「átoa」のロゴ入り「Port Loop」の運行が予定されており、「átoa」と「Port Loop」ともに、ウォータフロントの新たなランドマークとして歩み始める。

「átoaデザイン」のラッピングバスをチェックして。

■átoa(アトア)
住所:兵庫県神戸市中央区新港町7番2号
オープン日:10月29日(金)
カテゴリ