夏休み明けの登校不安や長引く母子登校を解決する小冊子の無料配布がスタート

夏休み明けの登校不安や長引く母子登校を解決する小冊子の無料配布がスタート


パステルコミュニケーション代表の吉野加容子氏が開発した、親子のコミュニケーションをスムーズにして子どもの発達を加速させるコミュニケーション術「発達科学コミュニケーション」の講師・いたがきひまり氏による「学校でもママから離れられない!『母子登校解決本』〜親がやるべきたったひとつのこと〜」の無料配布がスタートした。

登校不安が深刻化する夏休み明け


夏休み明けは、1年で最も登校しぶりの問題が深刻化する時期。いたがき氏が専門としている分離不安が強い子どもの場合、親子そろって登校できるか不安を感じている家庭ばかりで、元々母子登校をしてママが家でも学校でも付き添っているケースも少なくないという

また、分離不安が強い子は繊細な特性を持っており、学校にいるだけで不安や緊張を高めてしまうそう。これから学校がスタートすると、癇癪やメンタルの不調を引き起こす子も増えてくるという。

24時間子どもとべったりだと、ママは必然的に子どもの癇癪や理不尽な要求に振り回されることが増えるので、ママは育て方が悪かったと自分を責めたり、子どもに対してイライラを強めたりしてしまう。

母子登校で家でも学校でも子どもと一緒に過ごしていると、うまくいかない子育てに逃げ場がなくなる。状況を改善したくても、母子登校の情報は少なく、対応に悩んでいる方がとても多いという。

必要な対応をアドバイスしてくれる小冊子


無料配布中の「学校でもママから離れられない!『母子登校解決本』〜親がやるべきたったひとつのこと〜」は、夏休み明けの登校不安や、長引きやすい母子登校を解決するために必要な対応をアドバイスしてくれる小冊子。

分離不安が強い子どもに対する正しい知識を身につけることで子どもの対応に迷わないママになり、母子登校を解決するための方法を教えてくれる内容となっている。

小冊子は、専用URLからメールアドレス・名前を登録して受け取ることができるので気になる人はダウンロードしてみて。
カテゴリ