モンブランみたいなフレンチトースト。カフェ「プルミエメ」で、“食欲の秋限定の贅沢”を満喫してみない?


東京・代々木上原のカフェ「プルミエメ」から、秋の新作メニュー「モンパン〜秋の味覚 焙じ茶モンブラン フレンチトースト〜」が、期間限定で登場。



人気のフレンチトーストにオリジナルの特製モンブランクリームを絞った、他にはない“パンの山”は、9月2日(木)からイートインメニューとして提供されます。



プルミエメだけの特別なフレンチトーストが登場





今年5月にオープンした「プルミエメ」は、「ちょっとよそゆきの朝ごはん」をコンセプトに、朝食メニューが1日を通して楽しめるカフェ。



以前、isutaでも別の記事でご紹介しました。





そんな「プルミエメ」に、秋限定メニューとして、「モンパン〜秋の味覚 焙じ茶モンブラン フレンチトースト〜」(税込1500円)がお目見えします。



定番スイーツ「モンブラン」をプルミエメ流にアレンジした、特別なフレンチトーストなんですよ。



「モンパン」の中身が気になります



山のようにもこっと盛り上がったビジュアルが気になる「モンパン」。中には一体、何が入っているのでしょう?



ここからは、「モンパン」に使われているこだわりの食材と、実際の調理手順をご紹介します。





まずは食パン専門店「考えた人すごいわ」の厚切り食パンを、オーダー後に2分間、無糖の卵液に浸して鉄板で焼き、表面はフランス産カソナード(ブラウンシュガー)でキャラメリゼ。



その上には、白ワインでコンポートした国産りんごのスライスと、ジェラート店「fun.ice!(ファンアイス)」の爽やかなソルベ(Wベリー)を載せ、マロンペーストを絞ります。



このペーストは、静岡産の一番茶だけを使った焙じ茶とマスカルポーネ、白餡などを練り込んだ特製品なのだとか。



仕上げにパウダー状の焙じ茶と栗で“山頂”をトッピングし、完成です。





メニュー名「モンパン」とは、モンブランと同じくフランス語の「山(モン/mont)」と「パン(pain)」を合わせた造語。



名前の通り、まさに“パンの山”のようなフォルムが目を引きますね。カットすると、ペーストの下にひそむ鮮やかな赤紫色のソルベが現れるそうですよ。りんごとソルベの爽やかさが、栗の甘さと合わさって、どんなハーモニーが生まれるのか…とっても気になりますね。



こちらは朝8時のオープン時から、終日イートインで楽しめます。午後のおやつとしてはもちろん、朝ごはんとして、ちょっとした贅沢を楽しむのもいいかもしれません。





9月2日(木)より提供がスタートし、終了時期はInstagramで告知予定とのこと。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!



お出かけの際は、万全の感染対策をお忘れなく。



プルミエメ

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-6-10 代々木公園ビル 2F

営業時間:8:00-17:00(L.O. 16:15)

定休日:水曜(※祝日の場合は営業)

公式サイト:https://premiermai.suzu-pr.com/

Instagram:@premiermai_tokyo





カテゴリ