【遊びの女はもうやめた!】彼の本命になるための作戦とは

【遊びの女はもうやめた!】彼の本命になるための作戦とは

男性が遊びの相手としてよく選ぶのは、意思が弱そう、元カレを引きずっている、男性の理想が高いといった女性が多いです。


そんな「遊びの女」から卒業するには、どうすればいいのでしょうか。


そこで今回は、彼の本命になるための作戦を練っていきましょう。



嫉妬させる


彼を嫉妬させる簡単な方法は、彼からLINEが来ても「またLINEするね」と返信しときながら、時間をおいたり、「今、デート中」と意味深な内容で返信したりするといいですよ。


その彼の立場になったら、これはめちゃくちゃ気になります。


他にも、今までラフな言葉遣いだったのに、突然、敬語になるのも気になるかも。


とにかく強気でいきましょう。


双方向のLINEだけじゃなく、インスタなどのSNSも上手くつかって、他のメンズと遊んでいる写真を投稿するものアリですね。


このLINEとSNSのダブル使いは効果抜群でしょう。


相性がいいと思わせる


遊びの女から本命の女に昇格するのは難しいですが、本命に昇格する可能性があるとするなら、相性がいい点を最大限に活かすしかないと思います。


ようはあなた無しでは、生きていけない男にしてしまう作戦。


おそらく遊びの女になっている状態は、彼の言いなりの「プチ奴隷の女」になっていると思うので、このままではそこから抜け出せません。


ここから、彼の思い通りにはならない「自立した女」「追いかけられる女」に変わっていく必要があります。


あなたと過ごしている時間を、「相性がいい」と思ってもらえるように振る舞うのがおすすめです。


具体的な約束をさせる


この彼を嫉妬させる作戦を、3ヶ月から長くても6ヶ月やってみて、彼から本命にしたいなどの告白があれば、最後の仕上げです。


ここで彼の一時的な曖昧な言葉に流されてはダメ。


本命になるために、約束をとりつけること。


具体的には、「同棲」だったり、いついつまでに、結婚するなど。ここで、しっかり、彼に約束させましょう。


もし6カ月この作戦をやって、彼の態度が変わらなければ、もう彼のことはあきらめて、次に行ったほうがいいですね。


彼の心理を操って


このアドバイスは、3ヶ月~6ヶ月の短期決戦で、彼を嫉妬させるようにもっていくことです。


男性心理としては、俺のイイナリだと思っていた女性が、急にそっけなくなると、そのふり幅にかなりダメージを受けるよう。


そんなダメージを受けて、あなたに寄ってきたチャンスで、いっきに畳みかける。これは、一番効果的な作戦だと思います。


もし悩んでいる人がいたら、奇をてらってやってみてください。


(TETUYA/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ