【女性の失敗談】焦りすぎて恋を逃した経験

【女性の失敗談】焦りすぎて恋を逃した経験

恋愛において焦りは禁物。焦った結果、失恋してしまった……という人も少なくないと思います。


はたして焦りは、どんな失敗を招いてしまうのでしょう?


そこで今回は、焦りすぎて恋を逃した経験をご紹介します。


みんなの失敗談を反面教師にして、ダメ恋を卒業していきましょう。



既成事実を作ろうとして…


「昔、『今日は帰りたくない』と言い、好きな人の家に押しかけたことがあります。既成事実をつくれば、付き合えるかもって思ったんです。でも、この大胆行動で彼は私を『軽い女』と認識したみたい……。


いい感じだったのに、それから距離を置かれるようになりました」(28歳女性/経理)


大胆アプローチが功を奏する場合もありますが、家に押し掛ける、深夜に呼び出す、自宅に招くなどの大胆行動は「簡単に手に入る女性だな」と思わせてしまう結果を招きやすいもの。


本命女性ではなく遊び相手になってしまう可能性も高いので注意が必要です。


好きアピールが空回りして…


「積極的に行動しないとダメだと思って、好きだと積極的にアタック。でも、それが逆効果。私の好き好きアピールに彼は引いてしまって、まったく相手にされませんでした。


もっと焦らず距離を縮めてから、上手にアプローチすればよかったと後悔しています」(25歳女性/デザイナー)


積極的にアプローチすることは間違いではありませんが、まだ親しくない間柄だと失敗するかも。


好き好きアピールが彼の負担となってしまい、失敗に終わってしまうケースが多い傾向が……。


積極的なアプローチの根底には「早く両思いになりたい」という焦りがあるもの。


その焦りは、自分の気持ちばかり考えてしまう原因にもなります。焦らず、彼との距離感や彼の気持ちを考えて行動するように心がけることが重要です。


結論を焦りすぎて…


「恋人まであと1歩というところで、なかなか進展せず。じれったくて告白したけど、答えは保留。


その答えを待てず急かしてしまった結果『もうちょっと考える時間がほしかったけど、今の状態ではNOかな……』とフラれてしまいました。」(28歳女性/事務)


時間をかけて答えを出す男性も多数。考える時間を与えることができない、YESの答えも時間がないと、「いまはNO」として失敗に終わってしまうことがあります。


お付き合いに限らず、別れも結論を焦ってしまうのは後悔のもと。


自分にも相手にも時間を与えるという余裕が、いい結果につながることも多いので「待つ」という心構えも覚えておきましょう。


焦らないで!


焦りは、間違った判断を招いてしまう怖さがあります。


「彼氏がほしい」「早く付き合いたい」そんな焦りは誰にでもあるもの。


だからこそ、そんな焦りに惑わされないことが恋愛成就の秘訣です。焦りを感じたら深呼吸!


1歩立ち止まることで、恋の勝率が格段にアップするはずです。


(白藤 やよ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ