堀田茜&宮沢氷魚&石川恋、バンクシー展に感動「実物が見えた瞬間鳥肌が」

堀田茜&宮沢氷魚&石川恋、バンクシー展に感動「実物が見えた瞬間鳥肌が」

 モデルの堀田茜、俳優の宮沢氷魚、女優の石川恋が3日、東京・渋谷フクラス2階にオープンするアートスペース「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」に来場した。



【写真】笑顔で手を降る宮沢氷魚ら



 5日にオープンする同所は、「現代アートをすべての人に」をコンセプトとし、 作品と空間・体験が一体となった新感覚アートを提供する場に。 第1弾展示では『Banksy Artworks from Masatoshi Kumagai Collection(バンクシー展)』として、 バンクシーの代表作「風船と少女(Girl with Balloon)」を展示する。



■コメント

【堀田茜】

実物が見えた瞬間鳥肌が立ちました! 音声の迫力がすごかったですし、 三面のモニター全部を使った映像も、映画館で見ているような、五感を使って感じられるような仕掛けで、それが渋谷のど真ん中にあるというのが本当に新しいなと思いました。渋谷という街で、本物のアートに触れられることはなかなかありませんし、展示自体は小さな場所でやっていますが、得られるものはすごく大きいと思うので、ぜひ気軽にバンクシー展に来てみてください!



【宮沢氷魚】

1つの作品だけだと、そんなに長く見られないなって思う人も多いかもしれないんですけど、僕はずっとここに立って見ていられるくらいでした。やっぱりこの作品の奥にある奥深さというか、いろいろ考えさせられるものがあるので、ぜひそれは見に来てくださる方々に感じてほしいなと思います。また、ここに来て、最新のテクノロジーとバンクシーの素晴らしい作品の融合が見られました。僕はかなり驚きと感動を覚えましたので、ぜひそれを体験してほしいなと思っています。



【石川恋】

見ていて飽きないストーリーや、映像と作品の臨場感に興奮と感動で思わず涙が出てきてしまうくらいでした。世界一小さな美術館の中に作品が1点だけある重みを存分に楽しめる仕掛けになっていました。
カテゴリ