吉野北人は「生まれ持った輝きがある」 共演・柳俊太郎が太鼓判

吉野北人は「生まれ持った輝きがある」 共演・柳俊太郎が太鼓判

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人が“地上波連ドラ初主演”を飾り、柳俊太郎が共演する、9月7日スタートのMBS/TBSドラマイズム『トーキョー製麺所』(MBS:毎週火曜 深0:59~/TBS:毎週火曜 深1:28~)。このほど2ショットインタビューに応じ、共演秘話に花を咲かせた。



【場面カット】3拍子が揃ったうどん店で波乱が巻き起こる…



 本作は、ちょっぴり問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」を舞台に、働く5人の男女の奮闘記をシニカルかつコメディータッチで描きながら、飯テロならぬ“うどんテロ”を誘う青春グルメ群像劇。



 吉野が演じる主人公・赤松幸太郎は、「トーキョー製麺所」の新店長で元ホテルマン、紳士さあふれる佇まいと“ポマードヘア×うどん店長”という役柄のギャップが特徴的。そのほか、バイトリーダー・青井春翔役の柳俊太郎、関西出身の大学生バイト・緑川義雄役の奥野壮、就活中の女子大生バイト・桃田凛役の秋田汐梨、バツイチ子持ちのパート・黄本節子役のニッチェ・江上敬子らが脇を固める。



 連ドラ初主演の大役を務めた吉野だが、オファー当初は「主演のドラマが決まってうれしさもありましたが、赤松のキャラクターをどう演じようかと最初は不安でした」という。



 それでも役どころを解釈していくうちに「赤松になりきれた」と胸を張ると「今までカッコいい役ばかりでしたが、キャラクターの強い役を演じたことで振り切れたのかな。どんな役でも演じるのが役者だと思うので、妥協せずにやっていきたいなと思います。いろんな役者さんとお芝居をすると勉強になることばかりなので、共演者の方々からいろいろなことを盗みながら、演じる役の幅を広げていきたいです」と意欲を燃やした。



 今作で初共演を飾った2人。改めてお互いの印象を問われると、吉野は「飾ったりもしないし、ありのままの方だなという印象です。周りに流されないというか、現場でも堂々とされていて、大人だなと思います」とリスペクトのまなざしを向ける。



 さらに「今回、主演という形で出演しましたが、現場でどう立ち振る舞えば良いのか分からず…」と苦労を明かすと「撮影の合間も共演者の方々と普通に仲良く話したいっていう気持ちはあるんですけど、距離を縮め過ぎてしまうと役を演じる上で影響が出てしまうのかなと葛藤しながら過ごしていました。座長としては、本当に何もできていないんですけど、他の演者さんに助けていただいているなと思います」と回想。



 これに柳は「いや~、今の話を聞いてびっくりしました。吉野くんは、すごく堂々としているなと思っていたので…」とリアクションを見せると「いろんな作品の主演の方を見ると、やっぱり主演の人の持つ生まれ持った輝きみたいなものが絶対にあるんですよね」と力説する。



 吉野とは、台本の読み合わせの段階から「光るものがあるなと思っていた」と語る柳は「芝居もめちゃくちゃ堂々としてて、迷いがあったなんて一切感じなかったので、それだけ悩んでいたんだと聞いてびっくりしました。逆に俺が現場でおどおどしているくらいです(笑)。それだけ考えていても、現場でそういう面を見せないのはさすがだなと思うし、尊敬しますね」と返し、“べた褒め合戦”を繰り広げた。



 思わぬ称賛に「うれしい」と安堵の表情を浮かべた吉野は「今いいことを仰っていただけたので、これまで通りでいようと思います」と声を弾ませていた。



※柳俊太郎の「柳」は木へんに夘が正式表記
カテゴリ