一瞬で恋心が冷める…男性から見た【あざとい女性のNG言動】とは

一瞬で恋心が冷める…男性から見た【あざとい女性のNG言動】とは

あざとい女性については、賛否両論ありますよね。


しかし、男性がドン引きするような言動さえ避ければ、「あざとさ」は恋愛において一つの武器になることもあります。


そこで今回は、男性が冷めてしまう「あざとい女性のNG言動」をご紹介します。




SNSが自撮り投稿ばかり


「知り合いのSNSは、いつも自撮り写真ばかりなんですよね。

それに背景とか肌とかをガッツリ加工してるし、なんかあざとい子だなあって思う」(28歳男性/公務員)


SNSに自撮り写真を投稿している女性は、少なくありません。


しかし、いつもそんな写真ばかりというのは考えもの。


またお決まりの角度やポーズがある場合も、男性からマイナスのイメージを持たれることがあるようです。


とくに自撮り写真の場合は、できるだけ自然な表情で撮るようにすれば印象も変わってくるはずですよ!


自虐発言が多い


「ある子に『彼氏いるの?』って聞いたら『全然モテないんです』って返ってきて、答えとして変じゃない?って思った。

自虐発言の中でも、こういうやたら他人の『そんなことないよ』待ちの自虐は苦手」(27歳男性/アパレル)


この女性のように周りのフォローを期待するかのような自虐は、あざとい認定されがち。


自分の中では謙遜したつもりでも、このように周りに気を遣わせてしまうこともあるので要注意です。


このような「モテない」発言だけではなく、容姿や年齢についての自虐もウンザリされやすいので気を付けて!



一人称が自分の名前


一人称が自分の名前


「10代なら、一人称が自分の名前でも若気の至りで理解できるけど、社会人になっても同じだとあざとい感じがする。

普通に社会常識がないんだなって引いちゃうかも」(27歳男性/営業)


プライベートならまだしも、職場など公的な場でも一人称が自分の名前というのは考えもの。


それに20代、30代……と年齢があがるにつれて、異性からも否定的な意見が増えるようです。


なぜなら、その発言は子どもっぽい印象を与えやすく、年齢が上がるにつれて実年齢とのギャップが大きくなるから。


ほかにも「自分がナメられてるのでは」と感じる男性もいるようです。


鏡を見る頻度が高い


「前髪を直したり、化粧直したりするために頻繁に鏡を見る子って、あざとい印象がある。

それに鏡を見るたびにアヒル口になる子も無理!ナルシストじゃんってなる」(23歳男性/営業)


気になる彼とのデート中は、見た目を整えるために頻繁に鏡をみる女性もいるでしょう。


しかし、ナルシストかもとあらぬ誤解を防ぐため、彼の目の前でチェックしまくるのは控えたほうがいいかもしれません。


トイレに行ったときや、彼が離席した隙を狙って確認するのがベターです。


年齢とのギャップに注意して!


このほかにも「かわいい」と言われても謙遜せず、「ありがとう」と即答する女性にもウンザリ……という意見もありました。


今回ご紹介した言動は10代の頃ならOKでも、年齢を重ねるとNGというものも多いです。


きっとある程度の年齢になれば、年齢相応の言動ができるかどうかも注視されるからかもしれません。


気になる彼と接するときには、これらのことに気を留めてくださいね!


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ