ジャン=ポール・ベルモンドさん死去 88歳 仏マクロン大統領が追悼

ジャン=ポール・ベルモンドさん死去 88歳 仏マクロン大統領が追悼

 フランス映画の顔として活躍したジャン=ポール・ベルモンドさんが現地時間6日に亡くなった。88歳だった。フランスのマクロン大統領は声明を発表し、「彼は国の宝だった」と追悼した。



【近影】2018年、日本の新聞広告に載ったジャン=P・ベルモンドさん



 ベルモンドさんは、1933年4月9日、パリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌ生まれ。父は著名な彫刻家ポール・ベルモンド、母も画家だった。俳優を志し、コンセルヴァトワールに入学、56年に同校を優秀な成績で卒業する頃にはすでに有望な若手舞台俳優として注目を集めた。



 57年の『歩いて馬で自動車で』で長編映画デビュー後、クロード・シャブロル監督の『二重の鍵』(59年)で注目され、さらに同年ジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』(59年)で一気にブレイクを果たし、母国での圧倒的大人気とともに、フランス・ヌーヴェル・ヴァーグの代表的スターとして国際的な知名度を得る。



 多くの名匠、巨匠の作品に出演する一方、売り出し中のフィリップ・ド・ブロカ監督と組んだ『大盗賊』(61年)が大ヒットを記録、コメディ・タッチのエンタテインメント作品で新たな魅力が開花した。ド・ブロカ監督とはさらに冒険アクション大活劇『リオの男』(64年) 、『カトマンズの男』(65年)で組み、危険なアクションをスタントマンなしで自ら演じたことも話題となり世界的な大ヒットとなって“アクション・スター”のイメージも印象付ける。



 ゴダール監督の『気狂いピエロ』(65年)ほか、アクション、コメディ、ラブ・ストーリーと、エンタテインメントの王道をいく作品を中心に出演して次々と大ヒットを飛ばす。アクション映画卒業後のクロード・ルルーシュ監督作『ライオンと呼ばれた男』(88年)では初めてセザール賞主演男優賞を受賞。さらに2011年、カンヌ国際映画祭で名誉ゴールデン・パルム賞、2016年、ベネチア国際映画祭で栄誉金獅子賞など、数多くの生涯功労賞を受賞している。
カテゴリ