コカ・コーラ、20カ国以上で展開する『トポチコ ハードセルツァー』限定発売 20日より関西エリアで

コカ・コーラ、20カ国以上で展開する『トポチコ ハードセルツァー』限定発売 20日より関西エリアで

 コカ・コーラシステムは20日より、世界20ヵ国以上で展開する海外で人気の酒「ハードセルツァー」の新ブランド『トポチコ ハードセルツァー』を関西エリアの大阪・京都・兵庫・奈良を中心としたコンビニエンスストアやスーパーなどで限定発売する。



【画像】20カ国以上で展開!関西エリアで限定発売される『トポチコ ハードセルツァー』



 「ハードセルツァー」とは、アルコールが入っていることを意味する「ハード」に、炭酸水を指す「セルツァー」を組み合わせたアルコール入りスパークリングウォーター。スッキリとした飲みやすさや、グルテンフリー、低カロリー、低糖質などが魅力で、アメリカを中心に人気が高まっているという。



 『トポチコ ハードセルツァー』は、2020年9月に南米で発売。現在は世界20ヵ国以上で販売されている新感覚の本格派アルコール入りスパークリングウォーターのこと。コカ・コーラが世界に向けて展開するアルコール初のグローバルブランドとなる。



 同商品は、酒に求める価値観や楽しみ方が多様化している日本の若者に「決めつけないのがルール」をキーメッセージに、これまでとは違った新しい酒の価値を提案する。グルテンフリーでカロリーや糖類を抑えた、スッキリとしたのど越しが楽しめる爽やかな味わいで「アサイーグレープ」「タンジ―レモンライム」「パイナップルツイスト」の3種類を用意した。



 限定発売に合わせ、関西エリアを中心にテレビCMやウェブ施策を展開し、市場を盛り上げていく。
カテゴリ