小日向文世、3年ぶりに欠点ばかりの主人公に 新相棒は工藤阿須加「お父さんのしつけがあんなにも厳しいとは!」

小日向文世、3年ぶりに欠点ばかりの主人公に 新相棒は工藤阿須加「お父さんのしつけがあんなにも厳しいとは!」

 名バイプレーヤー・小日向文世が主演するテレビ朝日のドラマスペシャル『欠点だらけの刑事』の第2弾が22日の午後8時から放送される。



【写真】仲が良さそうな雰囲気の『欠点だらけの刑事』出演者たち



 潔癖にして神経質、こだわりが強くて人間嫌い、トラウマだらけで臆病者、自分の興味がないことにはまったくの無関心という欠点ばかりの主人公・百野冬美男を小日向は演じる。2018年2月に第1弾が放送され、百野が弱点を生かした独特な観察眼で事件の核心を見抜いていくさまに反響。“欠点称賛ミステリー”ともいうべき、新ジャンルを開拓。唯一無二のミステリーが約3年ぶりに復活となる。



 第2弾となる本作で百野が挑むのは、人気収納家・長谷川凛子(原沙知絵)の自宅から見知らぬ男の遺体が見つかった事件。凛子の留守中、空き巣に入った2人組が仲間割れの果てに殺人を引き起こしたものと思われたが、細かいところが気になって仕方がない百野は現場のあちこちに疑問を抱いてしまい、というストーリーとなっている。



 これまでのパートナーだった万城目千鶴(森口瑤子)が刑事課長に昇進したため、今回、百野は新たに“令和感”満載の体育会系新人刑事・一ノ瀬貴一(工藤阿須加)と、コンビを組むことに。偏屈なのに愛らしい超変わり者刑事と、別の意味でマイペースな新人刑事というデコボココンビのやりとりはちぐはぐで、思わず笑みがこぼれてしまうことに。やがて、百野は真相究明のため自らのトラウマをどうしても克服せざるをえない極限状況に追い込まれていく。百野はトラウマを乗り越え、真犯人を暴くことができるのか。  



■小日向文世コメント

――再び百野冬美男を演じた感想は?

ちょっと特殊なキャラクターである百野冬美男をもう一度演じることができて、とてもうれしかったです。ただ、前作よりせりふも多かったので、そこは大変でした。百野は言葉が口からパーッとよどみなく出るタイプなので…(笑)。こういうキャラクターはありそうでないですから、とにかくリアリティーを持たせることに力を入れました。「小日向さんってもしかしてこういう人?」なんて思わせることができたら、役者として本望ですね。もちろん、実際の僕とは全然違いますけど…(笑)。百野は相手を傷つけることなど気にせず、どんなことでもズケズケ言いますが、僕自身はまわりを気にして口にしないことが多いですから!(笑)。



――百野とご自身が似ているなと思うところは?

細かいことに固執しちゃうところでしょうか。たとえば「きょうはこれを着よう」「この眼鏡で行こう」と思っていたのにそれが見つからないと、家中探し回って見つかるまで出かけられないことがあります。劇団時代は、それが原因で遅刻したこともありました。



――今回は工藤阿須加さん演じる一ノ瀬貴一とコンビを組みますが、共演した感想は?

森口瑤子さんが演じた前作のパートナー・万城目千鶴は口うるさい設定でしたが、今回、工藤くんが演じる一ノ瀬貴一は体力が取り柄というタイプだから、百野は最初から相手にしていないんです。でも最後の最後で少し距離が縮まるところがあるので、そこを見ていただきたいですね。工藤くんとは撮影の待ち時間にいろいろな話をして、楽しかったですね。まさかお父さん(=福岡ソフトバンクホークス・工藤公康監督)のしつけがあんなにも厳しいとは! よくぞねじ曲がらず、素直な青年に育ったなと感心しました(笑)。



――撮影で印象に残っていることは何ですか?

監督がとにかくにぎやかな人で…。声は大きいし、なんでも自分で動いちゃうし、日々現場で走り回っているんですよ。ずーっと大声でしゃべりまくるもんだからせりふ覚えに集中できなくて、“集中させてくれ!”って思ってました(笑)。



――視聴者にメッセージをお願いします

百野は笑わない人間ですが、実は1ヶ所だけ笑うシーンがあるんです。普段笑わない人間が笑うシーンはみどころです。あと、百野は昔のトラウマで苦手なものがさまざまあるのですが、そのトラウマのシーンがたくさん出てくるところも楽しいですよ。刑事ドラマにはなかなかいない変わったキャラクターなので、ほかにはないミステリーを楽しんでほしいですね。
カテゴリ