『ONE PIECE』最新100巻がコミック1位 既刊100巻全てが累積売上100万部突破【オリコンランキング】

『ONE PIECE』最新100巻がコミック1位 既刊100巻全てが累積売上100万部突破【オリコンランキング】

 尾田栄一郎(おだ・えいいちろう)氏の人気コミック『ONE PIECE』(集英社)最新100巻が、週間117.3万部を売り上げ、9/13付「オリコン週間コミックランキング」で1位を獲得した。



【写真】ワンピースの作業場!「物語は終盤です。」新聞に登場した尾田栄一郎氏



 『ONE PIECE』は、2008/6/16付で、50巻がシリーズ初の「オリコン週間コミックランキング」1位を獲得してから【※1】【※2】、通算50作目の1位となった。『ONE PIECE』シリーズ作品の週間コミックランキング1位獲得は、2008年の集計開始以降14年連続【※3】で、歴代1位【※4】。2008年から今年度(2021年度)まで、毎年オリコン週間コミックランキングで1位を獲得している作品は『ONE PIECE』シリーズのみとなる。



 本作は9月3日に発売されると、翌週に即重版が決定するなど好セールスを記録。週間売上は117.3万部で、100万部を突破。これで既刊の1巻~100巻すべてが、累積売上部数100万部超えを達成した。コミックシリーズ別の累積売上部数100万部突破作品数は、通算100作で、歴代1位【※5】となる。



 なお同日付「オリコン週間BOOKランキング」では、『ONE PIECE magazine Vol.12』が、週間売上4.2万部で1位を獲得。『ONE PIECE』は「BOOK&コミックランキング」で同時1位となった。



【※1】「オリコン週間"本”ランキング コミックランキング」は、「2008/4/7付」よりスタート

【※2】『ONE PIECE 50』は2008/6/16付のほか、2008/6/23付でも週間コミックランキング1位を獲得

【※3】各年度のオリコン年間”本”ランキング集計期間に準拠

【※4】「オリコン週間コミックランキング コミックシリーズ別 週間1位獲得連続年数」TOP5(同率順位は達成順・9/13付現在)/1位:尾田栄一郎『ONE PIECE』(集英社)14年(2008~2021年度)※継続中、2位:諫山創『進撃の巨人』(講談社)11年(2011~2021年度)※継続中、3位:椎名軽穂『君に届け』(集英社)10年(2008~2017年度)、4位:青山剛昌『名探偵コナン』(小学館)9年(2008~2016年度)、5位:岸本斉史『NARUTO-ナルト-』(集英社)8年(2008~2015年度)、5位:枢やな『黒執事』(スクウェア・エニックス)8年(2008~2015年度)、5位:真島ヒロ『FAIRY TAIL』(講談社)8年(2009~2016年度)

【※5】「オリコン週間コミックランキング コミックシリーズ別 累積売上部数100万部突破作品数」TOP5(同率順位は達成順・9/13付現在)/1位:尾田栄一郎『ONE PIECE』(集英社)100作、2位:諫山創『進撃の巨人』(講談社)34作、3位:岸本斉史『NARUTO-ナルト-』(集英社)31作、3位:古舘春一『ハイキュー!!』(集英社)31作、5位:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』(集英社)25作【※6】

【※6】『鬼滅の刃』は、シリーズ全23巻に加え、『鬼滅の刃 20 ポストカードセット付き特装版』、『鬼滅の刃 21 シールセット付き特装版』がそれぞれ累積売上部数100万部を突破しているため



<クレジット:オリコン調べ(9/13付:集計期間:8月30日〜9月5日)>
カテゴリ