高橋ひかる“幽霊”佐藤勝利の恋人演じる 『青野くんに触りたいから死にたい』ヒロインに起用

高橋ひかる“幽霊”佐藤勝利の恋人演じる 『青野くんに触りたいから死にたい』ヒロインに起用

 女優の高橋ひかる(※高ははしごだか)が、来年春にスタートする『WOWOWオリジナルドラマ 青野くんに触りたいから死にたい』に出演することが、わかった。椎名うみ氏による『月刊アフタヌーン』(講談社刊)にて現在連載中の人気漫画をSexy Zone・佐藤勝利主演で実写化。高橋は付き合って2週間後に亡くなり幽霊になってしまった主人公・青野龍平の恋人でヒロイン・刈谷優里役に起用された。



【画像】見事に完コピ! 椎名うみが描く原作ヒロイン



 今作は、幽霊カレシと女子高生による「かなうはずのない許されざる恋」であり「死さえ分かつことのできない究極の恋」という胸キュンストーリーに加え、人知を超えた存在だからこそ突如、背筋が凍るような本格ホラー描写が姿を現す“新感覚ホラーラブストーリー”。ビュアだけどヒリヒリする恋愛、さらには友情、家族間の摩擦や痛みをリアルに描く。



 高校2年生の優里は天然で猪突猛進な性格の持ち主。初めて男の子と話したというだけで同級生の青野龍平を好きになり、付き合って2週間(原作第1話)で彼が亡くなった際には迷わず自殺しようとするなど、一途で危うい側面を持つ。



 幽霊となって現れた青野と「好きなのに互いに触れない」交際を続けつつ、突じょとして現れる『黒青野』の存在も見え隠れする中、同級生の藤本や堀江と協力しながら青野と向き合い、自身とも闘い葛藤しながら成長していくという難しい役柄。撮影は7月までに終了。佐藤演じる青野への真っすぐな想いに対する表現、そして、佐藤との掛け合いや原作にも登場する今作ならではのラブシーンも見どころとなる。



 高橋は「優里は幽霊の青野くんに恋しているのですが、目の前にいるのに触れ合うことのできない2人の距離感がとても苦しく、その中でも向き合っている姿がすてきに描かれていますし、原作の世界観が幻想的な映像で表現されていますので、視聴者の方には存分に楽しんでいただけると思います」と自信。また、初共演で恋人を演じる佐藤については「佐藤さんがいらっしゃると現場はいつも笑い声が絶えませんし撮影チームとのチームワークも最高で、あっという間の撮影期間でした」と充実した様子を明かしている。



■キャスト・原作者コメント

【高橋ひかる】

原作を初めて読んだ時は、感情がジェットコースターに乗っちゃったようにドキドキしたり、きゅんっとする時もあればハラハラして思わず声が出てしまうようなシーンもあったりして、こんなに素敵な作品を映像化できるなんてとても楽しみ!とワクワクしました。

私が演じる優里は幽霊の青野くんに恋しているのですが、目の前にいるのに触れ合うことのできない2人の距離感がとても苦しく、その中でも向き合っている姿がすてきに描かれていますし、原作の世界観が幻想的な映像で表現されていますので、視聴者の方には存分に楽しんでいただけると思います。佐藤勝利さんとは初めて共演させていただきましたが、佐藤さんがいらっしゃると現場はいつも笑い声が絶えませんし撮影チームとのチームワークも最高で、あっという間の撮影期間でした。「新感覚ホラーラブストーリー」。まだどういう事かわからない方もいらっしゃると思います。せひ、この世界観を堪能していただければと思います。



【原作・椎名うみ】

優里は根明です。好きな人が死んで幽霊になったり、さまざまな状況に追い詰められて彼女は悩み苦しみますが、根は明るい人です。私たちは根明でも悲しくなったりこの世の終わりを感じたり、根暗でも羽のように浮かれたり笑ったりします。でも、悲しい場面では明るい側面は排除され、喜びの場面では悲しみの側面を排除されることが多いです。物事が分かりづらくなってしまうからです。けれど高橋さんは明るさと暗さの両方が、いつも手をつないでることを自然に感じることができるような不思議な人に感じました。そういう人に優里を演じてもらえるのはうれしいです。
カテゴリ