チーズを使わないチーズケーキって?都内カフェ「Be green」のスイーツでサステナブルなコーヒータイムを


最近、さまざまなところで話題になる「ビーガン」。



「環境や体にいいと言うけど、ビーガンスイーツっておいしいの...?」と思っている人もいるのではないでしょうか。



興味があっても馴染みのない人にとっては、挑戦するハードルが高いように感じてしまいますよね。



今回は、気軽にビーガンスイーツを楽しめる注目のカフェをご紹介します。



「All for green 全ては自然のために」





@h___nm25 / Instagram



2021年6月、都内の本郷三丁目にオープンしたのが「Be green by KIELO COFFEE」。



こちらは秋葉原にあるKIELO COFFEEの姉妹店で、原材料や資材、デザインまで、カフェのいたるところで「未来の自然を守る」という目標を意識した、サステナブルコーヒーショップです。



店内の壁はコンクリート、テーブルやいすには統一感があり、少し韓国っぽさもある洗練された雰囲気のカフェとしても人気を集めています。



評判のビーガンスイーツ





@_knhswg / Instagram



Be greenが販売しているスイーツは、すべてビーガン対応。



動物性の食品を使用しないビーガンスイーツは、どれも素材の良さを生かした優しい味わいなんですよ。



特に、材料にこだわって作られているBe greenのスイーツは、あまりビーガン食品になじみがなくてもおいしくいただけそうです。





@_knhswg / Instagram



こちらのバナナブレッド(380円)は、国産の米粉と有機栽培のバナナを使ったグルテンフリーのブレッド。



米粉でできているため、生地はもっちり。食べ応えがあるので、カフェタイムだけでなく朝ごはんにもいいかもしれません。



一口食べると、たっぷり使用したバナナの甘さが口いっぱいに広がるといいます。お店で販売しているコーヒーとの相性も良さそうですね。





@yu._.uf / Instagram



大人気のチーズケーキ(500円)も、ビーガン仕様。



こちらはなんと“チーズを使わずに”作られた、体にも環境にも優しいケーキです。



完全植物性でありながら、とても濃厚なチーズケーキなんだそう。チーズを使わないチーズケーキが一体どんな味なのか、一度食べてみたいですよね。



こだわりはラテにも





@__.l7m / Instagram



「コーヒーショップ」というからには、注目すべきはスイーツだけではありません。



Be greenでは、ラテメニューもビーガン対応になっており、牛乳の代わりに植物性ミルクを使って提供しています。



ミルクは、オーツ/アーモンド/ソイの3種類。ドリンクを注文する際に、お好みのミルクを選べます。



メニュー表には、それぞれのメニューにおすすめのミルクが提案されているので、迷ったらそれを選ぶのもいいですね。



ビーガンメニューを試してみては?





@nups.4 / Instagram



サステナビリティを大切にしている注目のカフェ「Be green」をご紹介しました。



普段はあまり馴染みのないビーガンスイーツや植物性ミルクも、おしゃれなカフェで味わえるなら気軽に試せるような気がしませんか?



気になった方はぜひ、チェックしてみてください。



お出かけの際は、感染対策をお忘れなく。



Be green by KIELO COFFEE

住所:東京都文京区本郷4-37-6 メゾンドゥ本郷1F

営業時間:9:00~18:00

定休日:なし

(営業時間・定休日は9月以降変更の可能性あり)

公式Instagram:@begreen_bykielocoffee





カテゴリ