『DIVOC-12』藤井道人監督チームの予告映像解禁 切ない表情の横浜流星ら場面写真も 

『DIVOC-12』藤井道人監督チームの予告映像解禁 切ない表情の横浜流星ら場面写真も 

 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによる、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優の継続的な創作活動を支援する映画製作プロジェクト『DIVOC-12』(読み方:ディボック-トゥエルブ)(10月1日公開)。本作は、「12人の監督が紡ぐ、12の物語」のアンソロジー。完全オリジナルストーリーからなる12本の作品から、“成長への気づき”というテーマで制作する藤井道人監督チーム4作分の予告映像が公開された。



【動画】『DIVOC-12』藤井監督チームの予告編



 解禁となった映像は、藤井監督の『名もなき一篇・アンナ』から始まる。アンナ(ロン・モンロウ)に「今日はどこへいく?」と優しく声をかけられる男(横浜流星)。喪失感を抱き続ける男は時空を超える旅の中でアンナと出会い自分の運命と向き合っていく。優しく、美しい時間が流れる中で「忘れないよ、忘れない」と涙を流す男の再生の物語となっている。スタッフを最小限に抑え、感染対策を万全に撮影された本作は、沖縄・京都・函館・東京と、5000キロの大移動を経て撮影され、男とアンナの時空を超える旅に相応しいロケーションの美しさも見どころの一つだ。



 続けて、志自岐希生監督の『流民』。あるホテルに泊まることにした女(石橋静河)は、ドアを空けても自分の部屋が見つからない。部屋それぞれに異文化の世界が作り上げられたこのホテルの中で、流民となった女は本当の自分の居場所を見つけることができるのか?



 林田浩川監督の『タイクーン』は、酔っぱらって釣り船の上で寝てしまった移民のシェフ・シン(小野翔平)は、ある男(窪塚洋介)から「地球人だな」とおもちゃの銃を向けられる。男は「海は次に何をするか見つける場所。お前は陸に着いたら一番に何がしたい?」と問いかけ、夜の海の上で出会った男とシンの不思議な時間の交流を描いた映像となっている。



 最後に廣賢一郎監督の『ココ』。佳奈(円井わん)から妊娠したことを聞かされる熙舜(笠松将)だったが、「困るよ」と佳奈を突き放す。料理人を目指している熙舜は父親との間にも確執を持っていた。そんな彼は、佳奈と真剣に向き合うことも、父親になる決心もつけられない。思い悩む熙舜は、父との確執を乗り越え、佳奈と向き合うことができるのか?



 各作品の場面写真としてセレクトされたのは、切ない表情をする男(横浜)、ホテルに迷い込んだ女(石橋)、夜の海に浮かぶ釣り船で話す男(窪塚)とシン(小野翔平)、タバコをくわえながらどこか悩みを抱えているような表情の熙舜(笠松)と、それぞれが答えのない何かを探している空気が漂うカットばかりだ。



 藤井監督は、“成長への気づき”というテーマについて「自分が解釈したのは“道のり”だったのかなと。自分たちでカメラを買って、最初に10万円とかで自主映画を撮っていたのですが、その中で確実に “成長”というものはあるわけで。あのつらい時期があったからこそ、自分が若い作家たちにしてあげられることは自分にしかできないことだと思います。今回やる自分の作品もそういうものを大事にしてできたらなと思っています。ただ、非常に難しいテーマだとも思っています」と語っている。



■キャスト

横浜流星 / 松本穂香 小関裕太 / 富司純子 藤原季節

石橋静河 / 小野翔平 窪塚洋介 / 安藤ニコ おーちゃん / 清野菜名 高橋文哉

蒔田彩珠 中村守里 / 中村ゆり 高田万作

笠松将 / 小川紗良 横田真悠 / 前田敦子



■監督

藤井道人 上田慎一郎 三島有紀子 志自岐希生 林田浩川 ふくだみゆき 中元雄 山嵜晋平 齋藤栄美 廣賢一郎 エバンズ未夜子 加藤拓人

カテゴリ