旬の塩を量り売りする、代々木公園の「umi to mori」が気になる。ソイスイーツ専門店とのコラボも始まります


フルーツをはじめ旬の食材が楽しみなこの季節。



少し意外ですが、暮らしに身近な「塩」にも旬があるのだそうですよ。



そんな“旬の塩”を量り売りするショップ「umi to mori」をご紹介します。



旬の塩が主役のライフコンセプトショップ





2021年7月、東京・代々木公園にオープンした「umi to mori(うみともり)」。



季節によって味が異なる『za you zen 四季の塩』をはじめ、日本の自然を感じられるフード、サービス、イベントを提供するライフコンセプトショップなんです。





店内では“旬の塩”を1g/8円、10g単位で量り売り。



月1回できたての塩が入荷されるため、毎月少しずつ、味や風味が異なる塩が販売されるのだとか。



旬の塩は、持参した容器に入れてお持ち帰りできますよ。



※お持ち帰り用の袋は有料(税込50円) です。



四季の塩を使ったフードも気になる



『四季の塩』を使った、オリジナルフードもマストチェック!





塩で素材の旨味が引きたつ『旬替わり・四季の塩スープ』(税込400円)





『四季の塩コーヒー』(税込360円)は、溶岩の上に塩をのせじっくりと焙煎。





四季の塩×山口県産の牛乳が使われた『四季の塩ソフトクリーム』(税込390円)は、程よい甘じょっぱさで後味すっきりなのだとか。



どれもほんのり塩味があることで、まろやかな味わいだといいます。



※価格は消費税8%込みのテイクアウト価格です。



ソイスイーツ専門店「913」とコラボ



この秋は、ソイスイーツ専門店「913(ヌフ アン トロワ)」とのコラボアイテムも登場。



発売にあわせ、9月12日(日)には限定イベントも開催されます。





『大豆粉のバターミルクパンケーキミックス』(税込680円)は、国産大豆×厳選された国産素材がベースの913のパンケーキミックスに、「四季の塩」を加えた限定品。



熊本県産の大豆粉と北海道産バターミルクがたっぷり入った、風味豊かな優しい甘みが特徴なのだとか。





9月12日(日)の限定イベントには、「913」のパティシエ・清水理恵さんが腕を振るうオリジナルのマフィン&ケークサレ(各 税込320円)が1日限定で登場。



『大豆粉と溶かしバターの塩マフィン』は10時から17時の1時間ごと、『大豆粉とチーズと塩とこしょうのケークサレ』は11時と15時に焼きあがるそうなので、気になる人はチェックしてくださいね。



※焼きあがり時間は目安です。いずれも無くなり次第終了。

※原則、店内でのご飲食をお願いします。混雑時は一時入店制限の可能性があります。



umi to mori

場所:渋谷区代々木5-67-1ピア代々木5-1F

※代々木公園西門から徒歩1分

東京メトロ千代田線・代々木公園駅 徒歩3分

小田急線・代々木八幡駅 徒歩3分

営業時間:10時~18時 ※月曜定休・不定休

公式Instagram:@umitomori.official





カテゴリ