「今治タオル」×クラボウ「L∞PLUS」!端材を使ったアップサイクルタオルが誕生

「今治タオル」×クラボウ「L∞PLUS」!端材を使ったアップサイクルタオルが誕生


「今治タオル」は、クラボウの運営するアップサイクルシステム「L∞PLUS(ループラス)」と連携し、「今治タオル」の製織時に生まれる端材(捨て耳)を再利用したアップサイクル原糸を用い、アップサイクルタオルを製織した。

今後、同取り組みをさらに発展させていくとともに、産地全体として循環型社会の実現を目指していく。

取り組みの背景



「今治タオル」では、タオルを生み出す自然への配慮から、従来より自然保護活動に取り組んできた。日本最大の産地として、環境への負荷を抑えたタオル作りを模索している。特にタオルを製織する際に生じるタオルの端材は今治だけでも年間数百トン発生していると推計され、産地として課題となっていた。


今回、繊維産地の連携や共同での素材開発を推進しているクラボウと共同し、タオル産地としてアップサイクルを推進。アップサイクルとは、従来から行なわれてきたリユースやリサイクルとは異なり、不要になったものに新しいアイデアや発想によって元の製品には無かった用途を可能にしたり、異なる分野の製品に転換するなどして、元の製品よりも価値の高いモノを創り出す取り組みのこと。既に産地の一部タオルメーカーでも取り組みがスタートしているが、産地全体としてもアップサイクルの取り組みを推進する。

アップサイクルタオル作成について



今回のコラボでは、「今治タオル」産地にて端材を回収して、クラボウが愛知県に所有する安城工場に搬入し、クラボウ独自の開繊・反毛技術を用いて原糸に戻す「L∞PLUS」でアップサイクル原糸を作成。


そのアップサイクル原糸を用い、今治にて再度アップサイクルタオルに製織した。通常であれば廃棄される素材を活かした、地球環境にも優しいタオルとなっている。

「L∞PLUS」とは


「L∞PLUS」とは、繊維製品の生産工程で発生する端材をクラボウ独自の開繊・反毛技術で再資源化し、様々な製品へとアップサイクルする取り組みとして、同社が2017年から展開しているもの。

様々な端材を混ぜ合わせるため、唯一無二の杢調を表現できる新しいエコファッション素材で、デニム素材をはじめ、ニット素材などへ広がっている。廃棄物の削減、有効活用で環境配慮、社会課題解決に貢献でき、クラボウ単独ではなく様々な企業との共創ビジネスとして繊維業界全体で取り組むことで、サステナブルなモノづくりや循環型社会の実現を目指している。


この機会に、タオルの端材を使ったアップサイクルタオルを手に入れてみては。
カテゴリ