『ハコヅメ』ツン・山田武志役の山田裕貴が撮了 「俺の夏でした」と感謝の言葉

『ハコヅメ』ツン・山田武志役の山田裕貴が撮了 「俺の夏でした」と感謝の言葉

 女優・戸田恵梨香、永野芽郁がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(毎週水曜 後10:00)。“モジャツン”ペアのツンこと山田武志役の山田裕貴がクランクアップした。



【写真】かわいくほほえむ西野七瀬



 今作は、漫画雑誌『モーニング』(講談社刊)で連載中、元警察官の泰三子氏による『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(既刊16巻)を実写化。ワケあり元エース刑事・藤(戸田)と、天然新人・川合麻依(永野)の“最強ペア”による、身近なようで意外と知らない“交番女子”こと交番のお巡りさんのリアルすぎる日常が描かれる。



 このたび、捜査一係の“モジャツン”ペアのツンこと山田武志役を演じていた山田がクランクアップを迎えた。クランクアップは、町山警察宿舎の川合の部屋。リラックスした雰囲気で藤、川合、源らとホットプレートで焼肉を食べながらの和気あいあいとした場面。日夜、事件を追いかける刑事達の束の間の憩いの時。最後のシーンを撮り終え、「ただいまのシーンを持ちまして、山田裕貴さんオールアップです!」の声がかかると一同から大きな拍手が。何度も何度もおじぎをして拍手に応える山田に監督から花束が渡された。



 山田は「結構、さびしいです。それくらい楽しかったんだな、楽しめたんだなと思いました。それは、ここにいる全てのみなさまのおかげだと思っているので、本当にありがとうございました。お疲れさまでした」と感謝の言葉。最後にスタッフから「山田さんにとって、ハコヅメとは?」と聞かれると、山田「(ハコヅメは)俺の夏でした。楽しかったです。楽しんで時間が過ぎていきました。ありがとうございました!」と清々しい笑顔で撮影を振り返っていた。
カテゴリ