京都の老舗・本田味噌本店が、年に一度限りの味噌「寒仕込み土用越し」の予約受付開始

京都の老舗・本田味噌本店が、年に一度限りの味噌「寒仕込み土用越し」の予約受付開始


本田味噌本店は、江戸時代から受け継ぐ味噌造りの技術を活かした「寒仕込み土用越し」1kg/3,240円(税込)を今年も発売。同社オンラインショップにて10月19日(火)まで予約を受け付けている。

200年前から続く「西京味噌」の伝統の味



天保元年(1830年)創業の本田味噌本店は、もと丹波杜氏の同家初代・丹波屋茂助が、腕に覚えの麹づくりの技を見込まれ、宮中の料理用に味噌を献上したのがはじまり。


以来、禁裏御所御用達として宮中に献上し、明治維新のころより一般にも商いを展開。当時、江戸を「東京」と呼び、京都を西の京「西京」とも呼んだことから、同店の味噌が西の京の味噌「西京味噌」と命名され、広く親しまれるようになった。

現在同店は、時代のニーズに合わせた革新に取り組みつつも、創業から受け継ぐ味噌造りの技術“ワザ”で伝統の味を守り続けている。昔ながらの醸法で造る「寒仕込み土用越し」は、毎年発売を心待ちにしている人が多い人気の味噌だ。

厳選素材を時間をかけて仕立てた限定味噌



同商品は、契約農家で栽培した京都生まれの良質な酒造好適米「祝」と、大豆は大粒でタンパク質が多く脂肪分が少ない「オオツル」を厳選して使用。


冷たく澄んだ空気の大寒の朝、冷水で丹念に米を研ぎ麹を仕立て、柔らかく煮上げた大豆と適度な塩を加えて一樽だけ仕込み、冬から春、夏の土用にかけてじっくりと発酵・熟成させる自然の理にかなった醸法で、大豆、米、塩、それぞれの持ち味が調和した味噌に仕立てている。馥郁たる旨みと軽い酸味が特徴で、旬の食材をたっぷり入れた滋味あふれる味噌汁として味わうのがおすすめだ。

同商品は、店頭での販売はなくオンラインショップでの予約販売のみで、10月20日(水)以降に順次発送となる。数に限りがあり、予定量に達した時点で予約受付終了となるので、興味のある人はお早めに!
カテゴリ